シンボル言葉

【クロスレシオ・トランスミッション(1)】

エンジン馬力は回転数に関係しますので、メカニズムがついていける範囲では、高回転になるほど馬力が上がります。それは同時にミッションで上手に回転数を合わせる必要性が生じます。MTであることで腕前が必要とされたギアチェンジでしたが、それが知的なスポーツを成り立たせた理由でした。運転テクニックとエンジン特性について理解を深めておきましょう。

【高回転型エンジンとミッション】

マツダ・ロードスター・ソフトトップ

マツダ幌

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/feature/open/

【ハードトップ】の記事でクロスレシオトランスミッション(以後クロスミッション)の話を出しましたが、誤解が多いようです。ネットで調べれば大概のことは分る時代ですので、言葉の意味の解説は省略します。実際にどのようなメリットがあるのかについては「セナ足」を検索してもらえば分ります。エンジンの馬力が上がったと同じ効果があります。F1で100~300回転差と言えば勝敗を分ける差となって表れるでしょう。

写真出典:マツダ公式サイト/マツダ・ロードスター

ロードスターシフトレバー
ロードスターMT

出典:http://www2.mazda.co.jp/cars/roadster/theme/drivingdynamics/?link_id=link_id=%20theme041

市販車での効能としてはスポーツカーでしかメリットはないでしょう。現代の車はアクセルを踏めば誰でもスピードは出ます。カーブを曲がるとしても、度胸があればアクセルを出来るだけ踏めばよいのです。しかし、山坂道を出来るだけ早く抜けるには、事故を起こさないことも含めてテクニックが必要です。

マツダ・ロードスター・エンジン

ロードスターエンジン

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/feature/driving/

写真出典:ホンダ公式サイト/ホンダS200エンジン

honndaS2000エンジン

出典:http://www.honda.co.jp/S2000/webcatalog/engine/

カーブを出来るだけ早く抜けるのに必要なことは「まず①必要なポイント、ギリギリまでブレーキを踏まずに我慢すること、次に②滑らないぎりぎりのスピードを維持すること、最後に③立ち上がりを出来るだけ早く加速すること」です。

①減速を我慢するにはブレーキの性能とタイヤをスリップさせないテクニックが必要です。またMTの場合では、エンジン回転を落とさないためにシフトダウンを同時にする必要があり、シンクロナイザーとの兼ね合いでダブルクラッチの必要性もあります。ラリーなどではシフトレバーを叩くように操作することもあり、最近ではAMT(半自動マニュアルトランスミッション)でクラッチ操作だけは自動化されています。

②カーブで滑らないぎりぎりのスピードを保つには、セッティングが大きな要素で、運転テクニックでは「アウト・イン・アウト」のコース取りと滑り出す前にカウンターをあてることぐらいで、あてた段階で失敗したと言えるでしょう。

③立ち上がりの加速で重要なのは、エンジンの回転がトルクバンドにあるか否かです。つまりこれがクロスミッションの必要性で、エンジン回転が力の出る範囲にあれば、すぐに加速していけるのであり、早くカーブを抜けることが出来ます。・・・つづく

クロスレシオトランスミッション(2)】→

-シンボル言葉