日産GT-R物語

【NISSAN GT-R物語(15)】GT-R 2017年 口コミ![1]

2017/05/17

NISSAN GT-R物語(14)】なぜ?4WDが必要なのか?[2]➡

残念、まだ2017モデルの口コミがありません。

nissan.co.jpGT-R

出典:http://www.nissan.co.jp/GT-R/exterior.html

2007年モデルの口コミを読みましょう

2016年7月に発売になった2017年モデルNISSAN GT-R。世界では「ゴジラ(Godzilla)」といわれてファンの多い人気のGT-R。この発売はとても話題になっています。

エンジン出力も、従来モデルから20馬力もアップして570馬力に。3.8L V型6気筒ターボエンジンの0-100km/h加速は2.7秒です。ドイツ、ニュルブルクリンクでのタイム争いは、ポルシェ911をしのぐものでもあります。

口コミについては、2007年モデルを直近で購入したオーナーさんのものをご紹介します。2017年モデルの口コミを紹介したいところですが、しばらくしてからまたアップします

(主に、価格.comなどを参照して、独自にまとめてあります。)

NISSAN GT-R物語(16)】GT-R 2017年 口コミ![2]➡

【NISSAN GT-R物語(15)】GT-R 2017年 口コミ![1]➡
【NISSAN GT-R物語(20)】新型HONDA NSXと何が違うのか?[1]➡
【NISSAN GT-R物語(22)】サスペンション・セッティング[1]➡
【NISSAN GT-R物語(13)】なぜ?4WDが必要なのか[1]➡
【NISSAN GT-R物語(12)】ダウンサイジングターボ➡
【2016 NISSAN GT-R物語(11)】2017年モデル・カラー紹介!➡
【2016 NISSAN GT-R物語(10)】ターボチャージャー➡
【2016 NISSAN GT-R物語(7)】初代スカイラインGT-R[1]➡
【2016 NISSAN GT-R物語(5)】羊の皮をかぶった狼[1]➡
【2016 NISSAN GT-R物語(3)】愛のスカイライン[1]➡

2007モデル」NISSAN GT-R

2007GT-R

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/日産・GT-R

エクステリア・ボディカラー

エクステリアについては、どちらかといえば不評です。美しいとは言えない、デザイナーのセンスがない、ブサイク、空力のロジックには納得がいくがそれでこのフォルム?、もうちょっとポルシェのようなかっこいいデザインにしてほしい、ガンダムチック(アニメ機動戦士ガンダムのような)などの言葉が見えます。具体的には、人によってフロントデザイン、リアデザインそれぞれに納得がいっていないようです。スポーツカー、スーパーカー?のイメージに合わないと感じています。威圧感は感じるが、スタイリッシュさや繊細さに欠けるといったニュアンスだと思います。

【筆者の意見】

【日産GT-R物語(5)】羊の皮をかぶった狼[1]➡

を見てください。GT-Rの歴史は「箱スカ」と呼ばれたように、さりげないセダンのエクステリアで、中身はレーシングカーのイメージでした。R35 NISSAN GT-Rのように「狼の皮をかぶった狼」またはスーパーカーを目指していないのです。そのスカイラインGTーRからの伝統を引き継いでいるのが、現代のスーパーカー世代には不満なのでしょう。HONDA NSXのほうが現代的なのでしょう。

しかし、実際購入して乗ってみれば、やっぱりいいかなという感じになります。後部座席も実際に使えますので、実用性では優れています。逆に、ほんとのスーパーカーのようなデザインだと普段乗りには気後れしてしまうので、この程度がいいという人もいます。

ボディカラーについては、ホワイトが無難で販売数も多いようです。45周年記念モデル(45th Anniversary)のカラー、シリカブレスは好評です。GT-Rのスタイリングが良く見えると言っています。これは、2001年に発売された「スカイラインGT-R M・Spec」(R34型、45台限定)の特別塗装色「シリカブレス」と同色です。

NISSAN GT-R 2015年モデル「45th Anniversary」

カラー:シリカブレス(特別塗装色)

2015GT-Rカラーーシリカブレス

出典:http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2014/_STORY/141125-02-j.html

NISSAN GT-R物語(16)】GT-R 2017年 口コミ![2]➡

 

-日産GT-R物語