トレンド 日記

【小池都知事とIOCバッハ会長との会談(2)】

2016年10月18日東京都庁で会談が行われましたが、40分ほどの会談全てをメディアに公開していました。

☚【小池都知事とIOCバッハ会長との会談(1)】

都民は納得すれば応援してくれる(小池都知事)

小池都知事はバッハ会長のくぎを刺すような内容に「都民の意志に基づいて見直している」ことを告げています。また会合の全面公開など情報公開の徹底を主張しています。このあたりが、今回のやり取りの厳しい面でしょう。

バッハ会長から、東京都・IOC・日本政府・組織委員会の「4者会談」が提案されたことに対して「自分からも提案しようかと思っていた。加えて国内競技団体、国際競技団体を加えることも考えるとしています。全体に小池都知事の予想以上の進展ではないのかと感じます。

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ba%81

IOCの脅し

「ボートレースの一部を韓国での開催もあり得る」のではとIOC側から情報がマスコミに流されましたが、これは「脅し」と受け止めておくほうが良いのでしょう。IOC側から見れば、日本は一つの国であり、組織委員会と東京都知事の対立などは迷惑な話です。韓国のピョンチャン冬季オリンピックの予算もない状態で、ボブスレーの日本長野での開催を提案して脅しています。両国の入れ違いの開催も視野にあるようです。

オリンピック開催のメリット

イベントは必ずしもメリットが出るとは限らないので、前後のストーリーが大切です。オリンピック準備期間、開催、その後のストーリーを描いて招致すべきでした。ゼネコンなど利権にしている勢力と、競技団体がこの時とばかりに予算を引き出そうとする姿がありますが、それをコントロールする力が、誰にもありません。もともとオリンピックの開催よりも優先しなければならないことは多く、イベントで経済活性化できるとするのは、いささか稚拙なのではないでしょうか?

東京都も「待機児童解消」はどうしたのでしょう。1,000億円もあったら解決できるのではないでしょうか。小池都知事が就任してから2カ月が過ぎましたが、具体的な動きが見られません。どちらが優先順位が高いというのでしょう。

人口減少

労働人口一人当たりのGDPはアメリカ等にも勝っているのですが、労働人口の減少でGDPが増えないのが日本です・・・・・つづく

【小池都知事とIOCバッハ会長との会談(3)】➡

 

-トレンド, 日記