トランプ・アメリカ大統領 日記

【アメリカ国内のクーデター?[1]】選挙結果に従わない?

2016/11/23

アメリカ大統領選、最後のテレビ討論会が済みました。クリントン氏が勝ったとする評価が多いようですが、実は第1回・第2回・第3回と行われた後の、勝敗の評価では、第1回目が大差でクリントン氏が勝ったという国民の評価で、それ以後、逆にその差は縮まっているのです。

選挙結果に従わない・?

今回トランプ氏は「選挙の結果に従う」と表明せず、「そのとき考える」として、これまでの「クリントン陣営が投票資格のない人まで登録している」として、選挙の不正を主張しているのです。そしてトランプ大統領候補は「自分が勝った場合は選挙結果に従う」と表明しました。これはどういうことでしょうか・!? これほど理不尽な人物がなぜ大統領候補になれたのか? フィリピンの情勢と共に、真剣に考えなければならない時代です。

これは前代未聞のことで、オバマ大統領は「選挙前に選挙の不正を言い出す候補などいない」と非難しました。

常識では危険な男

女性スキャンダル、有力メディアが揃って批判、共和党内部などからも批判され、これほど評判が悪く政策論議が出来ない候補者でありながら、40%の支持を得ていること自体が、異常なことです。理性、知性で考えれば、リーダーにふさわしくない危険な人物です。でも、アメリカ国内では一大勢力となっているのです。

選挙で敗れてもこれを認めなかった場合、暴動も起きるのではないか?と懸念されています。

まるで民主主義後進国のような事態で、イギリスのEU離脱国民投票にもみられる、その場限りの嘘ともいえる言動で、国民が支持するのはなぜなのか? 単に「国民が無知」では済まされない、社会制度の矛盾があります。

不平等なアメリカ社会

クリントン氏は現在のアメリカ社会の主流派と言える存在でしょう。学歴・経歴とも申し分なく、問題を起こしてはいますが「ブランド」です・・・・つづく

【アメリカ国内のクーデター?[2]】選挙結果に従わない?➡

 

-トランプ・アメリカ大統領, 日記