太平洋クラブ御殿場コース・ラウンド記

【太平洋クラブ御殿場コース】月いちゴルファーのドタバタラウンド記-OUT3番~ロブショットの打ち方

2017/11/09

毎年、男子ゴルフの「三井住友VISA太平洋マスターズ」トーナメントが開催させるゴルフコースです。「鏡(ガラス)のグリーン」で有名で、高速グリーンが特徴です。

2018年全面改修されることになりました。設計は、バルタスロールGCやコングレッショナルCCなど近年数多くのメジャー開催コース改修を手がけたリース・ジョーンズ氏が担当するそうですが、日本人としては、「松山英樹選手が初めて改修に携わるコース」として有名になるでしょう。



 

←OUT2番

▼ OUT 3番

gf_round_taiheiyo-go03

太平洋クラブ御殿場コースOUT3番 (黒線=プロねらい目、赤線=月いちゴルファーねらい目)

 

Hdcp Back Regular ladys Par
9 517 488 439 5

◆OUT3番、今日初めてのロングホール

太平洋クラブ御殿場コースのOUT3番は、ブルーティー(Back)から517ヤード。真っ直ぐなホールですが、ティーショットの落ちどころは広く感じられます。富士山は、右サイド。

「ロングホール、思いっきりいこうネ」

「ここは3オンでしょ」

「そうだね~~。ちょっと2オンは…バンカーがあるしネ」

「了解。・・・・・バサッ・・・・・・・ありゃっ・・・・・・」。

「あそこは広くなっているから大丈夫だよ」

少々こすって右に吹けて距離が出ず、せり出した右の林の前に落ちた。

「いつもあそこに行っちゃうんだよ」

「2打目なんで打つ?・・200ちょいしか飛んでないから残りは300ヤード以上あるよ!」

「・・・7W」

 

◆私はフェアウェイから7W以上では打ちません

5Wさえも使いません。

よっぽど2オン可能である時は3Wも使いますが、滅多にありません。それは確率がずっと良くなるからです。

しかし「月いちゴルファー」でも5Wは使っても良いと思います。

私だと、7Wと5Wの飛距離の差が200ヤード先の10~20ヤードなので、そのショット成功の確率から考えてほとんど無意味であります。ましてやグリーンに直接落としても止まらないことが多くなりますから、7Wに決めているのです。

9Wについては「月いちゴルファー」ならば、どんどん使うべきと思いますが、180~200ヤードぐらいになると、私でもアイアンの方がウッドより方向性が良くなってきます。

4番アイアンかアイアン型ユーティリティーを使っても良いかも知れません。キャロウェイもヘブンウッドを発売していますし、使い分けることも考えてみてください。

さて、7Wで…

「ヤッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「左ラフだネ!!・・・大丈夫打てるヨ」

 

◆太平洋クラブ御殿場コースOUT3番の攻略法

太平洋クラブ御殿場コースのOUT3番は、ティーショットを右に出すと、2打目はグリーン向かって右に花道があるのですが、右手前には林がせり出し、バンカーもあってそれに入ると距離のあるバンカーショットをしなければならず、「月いちゴルファー」にはきついところです。

そこで花道を使うことなど考えずにバンカー越え、第3打を覚悟して左目に出します。距離も80~100ヤード残しを意識します。しかし、左行き過ぎラフは厳しいものがあります。

↓↓↓2017年の「VISAマスターズ」のプロアマで、片山晋呉プロがこの3番ホールで、第2打を5Wで打って、「アルバトロス」を決めたようです!「人生で3回目」だそうです。私は、ゴルフ人生??十年で1回だけ…。

◆さてラウンド状況は…

第3打残り120ヤード、左ラフに沈んでいます。ラフの抵抗とフライヤーが掛かってちょうどいいくらい、思いっきり打ちます。グリーンに止まらなくても「乗れば御の字」と思えれば成功か?

 

「結構・・・・・難しいネ!」

「・・・解ってるっテ!」

「バサッ・・ドスッ・・・・・・・・!!!」

「クラブはいいの??・・・・」

「・・・・・・・・・・・ウン!」

 

ダフッてバンカー手前、ピンから40ヤード近辺。第4打ロブショット以外寄る可能性はない。

 

「ウ~~~ン!・・・・・・・・・」

「月いちゴルファー」にとっては、一か八かのロブショットになります。何もかもティーショットで右に吹けたのが悪い。どんどん追いつめられていきます。

ロブショットの打ち方は、深堀圭一郎プロに教わりましょう!

 

「お客さん帽子取ってみて」

「何だよ!」

「若く見えたけど、お客さん結構いい年だネ!」

「いいんだよ!!・・・こんなときに!・・」

「だってさ~~・・・・・・・・・」

「じゃーいくつに見えるんだい!・・・」

「・・・そうだネ~~~・・・・40そこそこかネ!!・・・」

「ウッ・・・・・・・・・??????」

 

◆ほとんど動物的カンのロブショット

第4打。

ロフト角57度バンス角6度、幅広バンスをきかせるべく開き気味にして40ヤードの距離感にロブショットで挑戦。「月いちゴルファー」にとっては全くの感によるところ。なにせ~練習したこともないのですから、距離感などあるわけがない。

ほとんど動物的、ボール手投げの感触を呼び覚ましてショット!

このときSWでフェイスを開いてショットすると、開いたまましゃくり上げるようになってしまいがちです。

そこでイメージしたスイングプレーンにヘッドを乗せるには、『おまじない』があるのです。これが良くききます。どうしても『おまじない』を知りたい人は、最終18番ホールまでお付き合いください(^人^)。

 

「・・・・・・・・・・うま~~い!! なんで~~~!?」

「へっ・・へっ・・へっ!!  おまじない!・おまじない!・・・と!」

 

「ネ~エ・・・・・帽子取ってヨ・・・・」

 

「アッ・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!」

1メートルほどのパットをはずして、結局の所ボギー。

 

「ネ~エ・・・・・帽子取ってヨ・・・・」

「ムッ・・・・・・・・・・・・・・ウゼッ!」

「つぎ・・・行くぜっ!!」➡OUT4番

●その他、GDOや楽天GORAで予約できる太平洋クラブ
太平洋クラブ相模コース
太平洋クラブ御殿場ウエスト
太平洋クラブ美野里コース
太平洋クラブ市原コース
太平洋クラブ益子PGAコース



-太平洋クラブ御殿場コース・ラウンド記