太平洋クラブ御殿場コース・ラウンド記

【太平洋クラブ御殿場コース】月いちゴルファーのドタバタラウンド記-OUT9番

2016/11/03

←OUT8番

▼ OUT 9番

gf_round_taiheiyo-go09

太平洋クラブ御殿場コースOUT9番 (黒線=プロねらい目、赤線=月いちゴルファーねらい目)

 

Hdcp Back Regular ladys Par
11 411 382 357 4

◆410ヤードほどのミドルホール、上りで距離があるOUT9番

手前に大きな池が深くくぼんであり、その先上りになっているので、ティーショットは力みやすくなってしまいます。

我々月いちゴルファーの飛距離では230ヤード、ティーショットの落ちどころは広くなっており、その先のバンカーがナイスショットをした時には問題です。

2打目は距離が残り、しかも打ち上げ。わずかに砲台グリーンで、手前にはバンカー。グリーン面は見えない。

『月いちゴルファー』は3オンを最初から狙うことが利口なホールです。

Seiraさん(@seira718)が投稿した写真 -

◆良いゴルフコースとは?

太平洋御殿場コースは難しいと言われるのですが、『月いちゴルファー』にとってはティーショットは思いっきり打って、その結果次第で2オン3オンを選択することが出来ます。ボギーペースを目指すなら、それなりにプレーできるのです。それが、ゴルフ場本来の機能であります。ハンディーに応じて、それなりの難易度になるのが、良いコースと言われます。太平洋クラブ御殿場コースが、そのよい例です。

すると、プロはアンダーパーを目指しながら、この程度しか難しくないのですネ!!!!

 

「右バンカー左ネ・・」

「あんなに飛ばないよ!!」

「でも、一応言わなくっちゃ!」

「ムッ・・・・・・・・・・・・!!」

パン~~~~~~~~~~・・・・・・・・・・・・・!!!!!

「ワ~~~ッ・・・ナイッスショット!!!!・・スッゴ・・~~イ!本日一番!!」

「・・・・・・・・・・・・・・」

「な~~んだ!バンカー横までいったじゃない!・・」

「・・・・・・・・・たまに、こうゆうこともあるってこと!・・でしょ!!」

「へっへっ・・・・・・・ニタッ!!」

「なんだよ、また気味悪いなっ!!・・・・」

セカンドショット。

「いい当たりの割に残るね!上りだから苦しいね!・・残り170ぐらいかな??・」

「・・・180打っちゃっていいんじゃない??・・・上り入れて・・キャディーさん、どおかな?」

「どーかな~~!???・・・ピンは手前だよ!・・」

 

◆左足上がりのライの打ち方

左上がりのライは、『月いちゴルファー』にとっては左半身が止まるので、かえって打ちやすいんです。でもその時、斜面に沿って立たないようにします。

プロから教わったのは「緩やかな斜面では斜面なりに立て!」、つまり「斜面に直角に立て!」と教わってきました。でも、左足上がりの場合は、重力に対して垂直に立って斜面にぶつけるように打つと、ティーアップしているのと同じようにダフルこともなく、身体が左に流れることもなく打ちやすいのです。むろんフォローを取りにくいので、打って終わりにすることが前提です。

 

話は戻ってセカンドショット。

ぱ~~~~~ん・・・・「のった???」

「やっぱり出ちゃったね・・・グリーン左奥のラフだヨ!・・・・ニタッ」

「・・・なんだよ!!・・・また、気味悪いな!」

 

ボールはグリーン左奥ラフまでいってしまいました。2打目、左に引っかけると飛びすぎるのです。グリーン手前のバンカーが目に入り、グリーン面が見えないため、どうしても大きめの距離感になってしまい、力みます。さらに左足上がりのため、よくこんな結果になります。

 

◆OUT9番、グリーン左奥ラフからのショット、そして結局…

ラフがやけに深くなっていて、下りのきついアプローチは『月いちゴルファー』には、かなり厳しい状況です。

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%a5%a5

※イメージ画像

 

「これでロフトを立てて打ってね!」

「・・・・・・?????!!珍しく、明快に指示するネ!??・・・」

「・・・うん!!・・・ここはネ!!」

「?????????????????????」

ボールは沈んでいるわけではないのですが、長いラフが絡むことは必死!しかも逆目です!!

「こんな下りでロフトを立てて強く打ったらグリーンから出ちゃうよ!!」

「う~~~ん・・・・・・・・」

私はロブショットのようにフェイスを開いて、下りを考慮し、チップショットのように小さく強くスイングすることにしました。

ザバッ・・・・・・・・・・・・・!

「し~~~~~~~~~~~~~~~~ん」

ボールはグリーンまで届かず、未だラフの中。キャディーさんの言っている意味が分かりました。ピンに寄せようと思わず、ともかくだすことでした!グリーンをオーバーするくらいで良いのでした。

 

結局、ダボ!!!!

太平洋クラブ御殿場コースはとてもすてきな設計、設定です。名門コースです。

ティーショットが良かったくらいでいい気になって、『月いちゴルファー』が攻め込めるほど甘くはありませんでした。

「・・・・・・・・何にも言ってないヨ!・・・ニコッ」

「・・・・・言ってるじゃないか!!・・・・・」

でも元々の顔だそうです。

昼飯、食べに行こ~~~~~~~~っと!!!➡IN10番

※最初から読みたい方は、➡OUT1番からどうぞ!

●その他、GDOや楽天GORAで予約できる太平洋クラブ
太平洋クラブ相模コース
太平洋クラブ御殿場ウエスト
太平洋クラブ美野里コース
太平洋クラブ市原コース
太平洋クラブ益子PGAコース

-太平洋クラブ御殿場コース・ラウンド記