BMW7シリーズ

【BMW7シリーズ(5)】A I の最先端、しかし・!

「A I まっしぐら」とも思える最先端の「運転支援装置」を備えた「最高級セダン」ですが、実際は燃費向上の最先端を、トヨタのハイブリッド車から取り戻すべく、突き進んでいる「ドイツの★」です。

【BMW7シリーズ(4)A I の最先端、しかし・!

BMW7シリーズのエンジン

cq5dam-resized-img-1185-large-time1447988709821

出典:http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/7-series/sedan/2015/engines.html

エンジンにBMWは絶対の自信を持っています。本社屋は4つの円筒形を合わせたデザインで、4気筒エンジンを示して「シルキー・フォー」と呼ばれたスムーズさを誇りました。現在ではV6にせずに直6気筒エンジンにこだわり、スムーズな吹き上がりは、「シルキー・シックス」といわれているようです。

740i に搭載されるエンジンは3L6気筒ガソリン・ターボ・エンジンで、325ps、45.9kgmです。

730dでは、3L直列6気筒ディーゼル・ターボ・エンジンで、265ps、63.2kgmです。740eに搭載されるガソリンエンジンは直列4気筒2Lターボ・エンジン258psで、これにモーター113psを加えて325psのシステム馬力です。

750iに積まれるエンジンは、V8気筒4.4Lターボ・エンジンで450psを発揮します。

750i Mスポーツでは600psを超えているようで、そのほかに760i で6LV12エンジンが予定されているようです。

運転支援システム

cq5dam-resized-img-585-low-time1458308198546

出典:http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/7-series/sedan/2015/driving-dynamics-efficiency.html

緊急ブレーキ・レーン維持・渋滞時追従システムなどなど、積極的に進めている状態で、アイサイトで一歩リードしてきたスバルなど日本勢が劣勢です。自動駐車システムなどを含めてA I (人工知能)による自動運転分野で今回追加された自動レーンチェンジは、世界を一歩リードしています。

xDrive(4WD)はクロス制御を行っており、ABS・スキッド・コントロールなど全てのコントロールが自動化されています。BMWは昔、4WDの必要性を認めずFR配置でスキッド・コントロールすることが最良と公言していました。BMWが「4WD(xDrive)」を採用したのであれば、その必要性の説明を聞きたいものです。

社外からの自動駐車システムで、駐車場の面積が大幅に縮小できるので、世界の駐車場事情を大幅に改善できることになり、技術的進歩で大きな経済的メリットが出てくると宣伝されています。

cq5dam-resized-img-585-low-time1447949017074

出典:http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/7-series/sedan/2015/innovative-functionality.html

BMW7シリーズ評価すると?

悪い評判を書かないのが自動車ジャーナリストのようで、悪評はないようです。しかし、日本車に対抗して電子制御に移行していったとき、BMWはリコール相当の欠陥を出しており・・・・・つづく

【BMW7シリーズ(6)A I の最先端、しかし・!➡

-BMW7シリーズ