ゴルフ・スイング理論

【あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)を解釈する(18)】私のタイプは?

2017/01/07

4スタンス理論は、これまでのゴルフ理論と違って、4つのタイプのどれかに誰もが適合すると説いています。これは世の中に存在する理論としてはどうしても必要となる「普遍性」です。

☚【あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)を解釈する(17)】私のタイプは?

【ゴルフ場評価(各地のゴルフ場を立ち寄りグルメを含めてご紹介)】➡



■A型とB型を見分ける方法

写真はBタイプの飲み方です。

525390adb3141341fe6dac55294b4eab_s

(1)手軽なのは缶コーヒーを飲むときの癖を見ることでした。手首だけを動かすのがA型で、肘まで動かして飲むのがB型でした。日頃、無意識でいたので、実際に意識すると「さてどちらだろう?」となった人も多いと思います。

(2)電車のつり革を持つ癖を振り返ってみるのも良いのですが、指先で掴むのがA型、手のひら、さらには手首までかけているのがB型です。これも意識していないと感じないので「その時だよな~~」となってしまう人もいるでしょう。

(3)そこで「ひざ立素振り」で腰を落とさないと振れない人はBタイプと考えましょう。腰を伸ばしたままのほうが振りやすい人はAで決まりです。

(4)階段を上るとき無意識に上るときの前足で引っ張り上げる癖のある人はAタイプ、会談した側に残った後ろ足で蹴り上げている人はBタイプと考えて間違いないでしょう。

(5)いくつかを試して、それでも疑問に感じる人は、「ゴルフなんかするんじゃない」と言いたいのですが、腹筋運動をすると、ひざを抑えられた方がやりやすい人はA、腰を抑えられた方がやりやすい人はBなど、むしろ体を押さえて動きやすさを確認するやり方が、分りやすいようです。

■1型と2型を見分ける

(1)最も手軽で明快だなと私が感じたのは、コップを持つときの癖です。親指と人差し指に力点がある人は1型、親指と中指に力点がある人は2型です。

(2)これはペットボトルのキャップを開けるとき、親指と人差し指でキャップをもってねじる人は1型、親指と中指でねじる人は2型です。これは意外とはっきりしていて、これで決めても良いのではと感じます。

■クロスとパラレル

クロスタイプはA1とB2タイプですが、このタイプは体をクロスに使いたがります・・・・・つづく

あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)を解釈する(19)】私のタイプは?➡
【「あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)」の理論組み立て】0番に戻る
【あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)を解釈する(1)】スイングの基礎1番に戻る

【ドライバーをネットでカスタム注文してみよう(1)】松山選手使用のGBBの場合[1]
【松山英樹、注目のドライバー(1)】キャロウエイ・グレートビッグバーサ
【ゴルフ・ギアとスイング(1)】フィッティング
【ゴルフ・ギアとスイング(2)】シャフト[1]
【ゴルフ・ギアとスイング(5)】ヘッド[1]
【ゴルフ・ギアとスイング(7)】14本のクラブ[1]
【ゴルフ・ギアとスイング(9)】ヘッドスピードを上げる
【松山英樹と石川遼のドライバー(1)】グラファイトデザインのツアーAD TP-6X[1]
【松山英樹と石川遼のドライバー(5)】キャロウェイXR16 SUB ZERO[3]
【池田勇太プロのドライバーが使用禁止?!】アイアンは何を使用してる?
【ナイキのゴルフ用品撤退の事実(1)】ローリー・マキロイとタイガー・ウッズ~タイガーがナイキの代わりに使用するボールは?
【池田勇太のアイアンをネットでカスタム注文(1)】アマチュアでも使えるヨネックス・N1-CBフォージド
【松山英樹】キャロウエイ・グレートビッグバーサーに替わるドライバー

 

-ゴルフ・スイング理論