ゴルフ・ギア トレンド

【松山英樹、注目のドライバー(1)】キャロウエイ・グレートビッグバーサ

2017/08/07

2016年「WGC-HSBCチャンピオンズ」で、2位以下に7打差以上の圧勝をした松山英樹選手。日本人初WGC(世界ゴルフ選手権)制覇の快挙でした。

➡【石川遼が飛距離を伸ばす?!】キャロウェイの禁断のドライバー、ついに登場!【動画あり】

➽【松山英樹・石川遼のウェッジ(1)】ロブウェッジを入れる理由とは?

↓↓↓「ヒーローワールドチャレンジ」の時の松山選手。数字は、直近の17ラウンドのスコアだそうです。ん~、惚れ惚れ! 持っているクラブが、注目のドライバー!!!

その時から、松山英樹選手は契約先であるはずのスリクソンZR30をすて、キャロウェイのグレートビッグバーサを使用しているのが注目されています。三井住友VISA太平洋マスターズ2016でも、同ドライバーを使用しているのが見られました。その、むしろ素人向けと思われる仕様のドライバーを使うのはなぜなのか? 少々、考えてみましょう。

↓↓↓これが松山英樹選手が使用するドライバー。キャロウェイ、グレードビッグバーサの2015年モデル。アマチュアゴルファーは10.5度のフレックスRで十分でしょう。(石川遼選手も10.5度です) 自分に合ったシャフトにリシャフトして使用することもできます。松山選手はグラファイトデザインのツアーAD DIを使用しています。

【リンク差替え】以下は、2017年全米オープン時のアウトレット品のようです。US仕様? 装着シャフトは、スピーダー エボリューション2、クロカゲTiNi50から選択可能。ページで確認してみてください。(2017.6.17)

 

【楽天市場】

【松山英樹】キャロウエイ・グレートビッグバーサーに替わるドライバー➡

【ゴルフギア】USシャフト・クラブを日本仕様にリモデルしてみる!?

ビッグバーサはスリクソンZR30と正反対?

これまでスリクソンの古いスリクソンのZR30を使い続けてきた松山英樹プロでしたが、スリクソンが新たに作り上げたスリクソン「Z765リミテッドモデル」を使わずに、より素人向けと言われる「Z565」を使ってみたようです。「Z565」はスリクソンシリーズの中で重心距離が長く低重心で、スイートスポットが横に長いモデルです。

常識的には「重心距離が長く・深い」クラブが素人向けと言われています。男子プロはヘッドスピードが速いため、重心距離が長いとインパクトでフェイスの向きが戻り切らないので、微妙な調整が出来ないので、これを嫌います。日本の男子プロでは35mmぐらいが好まれてきました。これはアイアンの重心距離と合わせて違和感のないようにする意味もあったのですが、アメリカのプロが、ドライバーとアイアンとは別のスイングと割り切り始めると、曲がりにくいヘッドが好まれるようになってきました。

また、重心深度が深いと重心角が大きくなるため、左に引っ掛ける危険があり男子プロは嫌います。スリクソンのZR30はそんな松山に向いた仕様で、当然としていたのですが、松山英樹選手が変更したキャロウェイのグレートビッグバーサはその逆でバランサーを動かすと変化するのですが、重心距離は37~40mm前後と素人向きです。日本の男子プロでは35mmですから、長いことが分かりますね。これは横方向のスイートスポットが広がって、横方向のミスショットに強くなります。方向性が良いのです。ヘッドスピードで45m/s以下でしたら、この方が使いやすいと男子プロでも感じるのでしょう。

しかし、松山英樹プロはバランサーをフェードからニュートラルにして、むしろ重心距離を長くして使っています。このあたりの判断は、日本の男子プロが職人気質で操作性の優れたものを好み、アメリカのプロは安定性の高いものを好む傾向の中で、自分の感性を変えてきたのかもしれません。プロと言えどもミスの少ないクラブが合理的であり、ボールの回転が少なくなって、あまり小細工をしなくなった世界の流れの中、まっすぐ飛ぶ確率の高いクラブを選ぶのが自然なのでしょう。

グレートビッグバーサを選ぶのはなぜなのか?

松山英樹プロがドライバーに期待する性能が、明らかに違ってきています・・・

【松山英樹のドライバー(2)】キャロウエイ・グレートビッグバーサー➡

↓↓↓松山英樹選手が使用するグレートビッグバーサ。左側の弧を描いている部分に重り(バランサー)があり、それを動かして好みの球筋(フェード・ニュートラル・ドロー)に調整していく。

【リンク差替え】以下は、2017年全米オープン時のアウトレット品のようです。US仕様? 装着シャフトは、スピーダー エボリューション2、クロカゲTiNi50から選択可能。ページで確認してみてください。(2017.6.17)

【楽天市場】

 

↓↓↓松山英樹選手、WGCブリジストン招待・世界選手権で2勝目!(2017.8.7) 上がり3ホールは連続バーディで神がかり! 依然、ドライバーは「グレートビッグバーサ」で、シャフトはツアーAD DI。


↓↓↓松山選手、2月5日ウェイストマネージメント・フェニックスオープンの優勝時にも、注目のドライバーを使用し続けているのがわかります。やはり、調子いいですね! グレートビッグバーサの後継ドライバーが発売になりましたが、しばらく手放さないでしょうね。

↓↓↓松山選手、2017年6月、2位ににつけた全米オープンでも「注目のドライバー」は依然愛用中!世界ランク2位にもなりました!(➡【2017全米オープン】最終日まとめ!松山英樹選手、猛追の2位タイ!!海外メジャー自己ベスト!【動画あり】)


➡2017年の松山英樹(7) 大観衆のフェニックスオープンで優勝!! プレーオフを制して【動画あり】

➡【石川遼が飛距離を伸ばす?!】キャロウェイの禁断のドライバー、ついに登場!【動画あり】

松山英樹選手使用グレートビッグバーサの後継ドライバー、すごい飛ぶと石川選手【動画あり】

【松山英樹】キャロウエイ・グレートビッグバーサーに替わるドライバー➡

石川遼選手、2016国内最終戦、JTカップで使用のドライバーは何??中古で買える?


 

-ゴルフ・ギア, トレンド