トレンド 日記

速報!松山英樹、石川遼出場の「ゴルフワールドカップ」、ティーオフは朝10時半!

2017/01/01

2016年11月24日、とうとう「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」が開幕です! 今回の舞台は、オーストラリアのキングストン・ヒースGC。世界28か国から56人のトッププレーヤーが集います。

日本代表の松山英樹選手と石川遼選手のティーオフは、日本時間の朝10時半! さて、どうなるのでしょうか?

日本の敵はどこ?

なぜか、アメリカの出場選手は人気選手は出ないんですよね。ジェイソン・デイは背中痛が悪化して出場を辞退してますし、世界ランキング上位のダスティン・ジョンソンやジョーダン・スピースは出場しません。出場するのは、日本人の血が流れるリッキー・ファウラーとジミー・ウォーカーのライダーカップ仲良しコンビです。

日本の大敵となるチームはどこでしょう? やはり地元オーストラリアのアダム・スコットとマーク・リーシュマンでしょうか? アダムも人気がありますしね。韓国チームも気になります。日本ツアーにも参戦している金庚泰(キム・キョンテ)とアン・ビョンホンです。

大会のフォーマットですが、初日と3日目は1つのボールを交互に打つ「フォアサム」2日目と最終日はそれぞれがプレーし良い方のスコアを採用する「フォアボール」で行われます。

勝敗のカギは、松山選手のアイアンショットと、石川選手のパッティングと言われていますから、今日初日の「フォアサム」ではそれがうまく嚙み合えば、いい結果を残せるかもしれません! 期待しましょう!

彼らがフォアサムで使うボールはどっち?

ちなみに、彼らが使うボールはなんでしょうか? フォアサムでは一つのボールを使わなければならないですから、アイアンショットを重視するとしたら、松山選手が使う「ダンロップ スリクソン Z-STAR XVですかね。練習日はこっちを使っていたそうです。


↓↓↓松山英樹選手が使用するボールがこちら。

ドライバーではスピン量を減らし飛距離を伸ばせて、アプローチではスピン量を増やして止まるボールを可能にするボール。できれば、ヘッドスピード45m/s以上あれば、このボール性能の恩恵にあずかれます!

➡【松山秀樹、注目のドライバー・キャロウェイビッグバーサ】はこちら。

速報!松山英樹、石川遼出場の「ゴルフワールドカップ」、1番ホールはパーで発進!キングストンヒースGCはどんなコース?

 

-トレンド, 日記