トレンド 日記

速報!松山英樹、石川遼出場の「ゴルフワールドカップ」3日目、現在12番で9位。

2016年11月26日、オーストラリアでの「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」3日目。

期待されるところですが、松山英樹選手と石川遼選手のペアは、現在12番を終えたところ?9位タイです。前半は、2バーディ、3ボギー。後半は今のところパーで切り抜けています。

やはり「フォアサム」形式で、波長が合いにくいようです。後半を期待!!!

 

レジェンド青木功プロが応援に!

昨日、大御所、青木功プロ(現日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長)が訪れて激励したといいます。きっと松山、石川両選手には心強い存在のはず! やはりフォアサムは難しいけど、「もう1回我慢して、1アンダー、2アンダーと出せれば面白い」と言っていたそう。今日も、見守ってくれているでしょう!

タイガーがこのコースで残した貴重な言葉

トップは依然、デンマークチームで、通算で-14とスコアを伸ばし続けて、2位にはリッキー・ファウラーのいるアメリカが上がってきましたが、5打差もつけてばく進中です。

2日目もトップだったデンマーク。チームを引っ張る世界ランキング45位のケルドセンは、欧州ツアーで活躍する41歳のベテラン。「風が強くて、常にボールコントロールが求められる、いつもアングルを考えなければいけない、こういったコースが大好きだ」と言っていたそうです。

かつてタイガーウッズが、2009年のオーストラリアンマスターズでこのコースで優勝しましたが、「このコースには本当に多くの異なる選択肢がある。ティグラウンドで、そしてグリーンの周辺でもだ。」といったのと、同じことを言っているような気がします。

松山選手は昨日のインタビューで、「僕は良いところがなかった。7バーディでは少ない」と言っていたそうで、今日はそろそろ爆発してほしい。やはり、後半を期待!!!
↓↓↓3日目の練習風景。アイアンを観察

➡【松山秀樹、注目のドライバー・キャロウェイビッグバーサ】はこちら。

➡【松山英樹と石川遼のドライバー(1)】ツアーAD TP-6X

➡安倍首相が次期大統領トランプ氏に贈ったドライバーは?

 

 

-トレンド, 日記