日記

【算数における奇習(2)】3.9+5.1=9.0は間違い・!

小学校で「3.9+5.1=9.0は間違い」で「9」が正解なのだそうです。小学生の子供を持つ親が、子供の答案の先生の採点を見て「.0」を消していなかったことに対して「-1」原点であったことに驚いてネットに投稿したら「炎上」したようです。

☚【算数における奇習(1)3.9+5.1=9.0は間違い・!

算数の世界は、数学より現実の物理的条件に近い

コンピュータのプログラムでは、「3×2=6」は「3+3=6」と計算します。数式をこのような四則演算(2進数で)に置き換えて計算しています。いわば「数学を算数にしていく能力」がプログラマーには求められていたのです。

算数は現実の物事を数学よりも、さらに「物理的メカニズム」に近い形で理解しています。数学では「X+Y=6」とも表すことが出来ます。この場合、X・Yは共に同じ可能性になります。どちらかに「3」を入れれば、もう一方は「2」になります。この場合のXとYの違いを議論しても意味はないですね。でも「Xを1つの箱の中のお菓子の数」「Yを箱の数」と置くと現実とのつながりが出てきます。そこで前出の算数の問題が出来るのです。算数は現実の状態のメカニズムを理解する必要が出るのです。

教育の場で現実と机上論を混同するな

小学校の算数教育で、初めて小数点以下の数字に出会った子供が、その概念をとらえることが出来ない可能性は十分にあります。そのときでも「9.0を9」として教えて良い訳がありませんその指導要領は「便宜上」過渡期として教えるのでしょうが、「9」が現実の世界では間違いであることを無視して「机上論」で正解としていることになります。

この場合、「小数点」の概念が理解できない子供がいるとするなら、それを避けるのではなく教えるべきでありましょう。「暗記教育」よりも「理解する」ことが必要です。「自分が何を考えているのか」「自分は何をしようとしているのか?」など客観的基準を持てずに「ブランド志向」になる教育がそこにあります。

プーチンロシア大統領・ドゥテルテフィリピン大統領・トランプ次期アメリカ大統領等が、多数に支持されるように、「普遍的基準を持てない」ことの恐ろしさを、今「世界は体現している」のではないですか?

 

-日記