スバル・インプレッサ トレンド

【インプレッサ・カーオブザイヤー(1)】威力あり!グローバル・プラットフォーム

2017/05/21

写真出典:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety1.html

今年の日本カー・オブ・ザイヤーはスバル・インプレッサ・スポーツ/G4が受賞です。

【新型スバル・インプレッサ試乗記(1)】別次元の挙動[1]➡

【スバル・インプレッサ 日本カー・オブ・ザイヤー受賞】その理由は?

【TNGA(Toyota New Global Architecture)-1】

【マツダ・アテンザ(1)】スカイアクティブ・テクノロジー

受賞理由

(1)衝撃吸収・横揺れなどを抑える車台による走行性能の向上。

(2)歩行者保護エアバッグ標準装備。

などとなっています。

この(1)の理由については「スバル・グローバル・プラットフォーム」と呼んでいるボディーの開発がその根底にあります。その正体を理解できるように解明していきましょう。

スバル・グローバル・プラットフォーム

■剛性アップと軽量化

一言でいうなら「剛性」の強化です。ボディーの合成を強化することのメリットは、まず「質感」が上がることです。そして本命は「走行性能」が向上するのです。もちろん剛性を高めるため補強していることになりますが、車重が増加しては燃費の点でマイナスです。むしろ大幅な軽量化が必要です。この相反する要求を実現する技術的進歩がなければなりません。

スバルでは「動的質感」と表現して「商品」としてのポイントを表現しています。その中身は、ボディーの構造変換と材質の進歩です。しかも「安く」なければなりません。衝突安全性・燃費向上などは、「質感」としては現れるものではなく、実際に乗ってみて分るのが「動的質感」です。しっかりしたボディーの感覚、走行安定性、操舵性などは、体感できるもので、これらを合わせたのが「動的質感」なのでしょう。

これを実現するにはサスペンションの出来が一番の問題ですが、そのサスペンショうンを取り付けた、ボディーが簡単に歪んでしまってはセッティングが決まりません。剛性の増したボディーが実現する性能として操縦性能があげられます。サスペンションセッティングに的確に反応できるボディーです。歪まず、ねじれず、サスペンションを取り付けることを考えて、ボディー全体、サスペンション取り付け部などの強化を図りつつ、軽量化を進めています。

その材質は、ホット・スタンプ、ハイテン材などを多量に使って、強度を上げ軽量化しています。「2025年までの伸びしろを考えた」としていますが、一つの懸念は、これからの材質としてはカーボンの使用があげられますので、後れを取る懸念です。BMWi8、BMWi3などすでにボディーの居住スペースを丸ごとカーボンで造るなど、進歩が激しくなっています。

商品価値の表現

■プリウスの場合

剛性が低いボディーではサスペンションの動きとは別に、ボディーがねじれたりすることで、乗り心地が損なわれます・・・・

【インプレッサ・カーオブザイヤー(2)】威力あり!グローバル・プラットフォーム➡

【NISSAN GT-R物語(15)】GT-R 2017年 口コミ![1]➡
【NISSAN GT-R物語(20)】新型HONDA NSXと何が違うのか?[1]➡
【NISSAN GT-R物語(22)】サスペンション・セッティング[1]➡
【NISSAN GT-R物語(13)】なぜ?4WDが必要なのか[1]➡
【NISSAN GT-R物語(12)】ダウンサイジングターボ➡
【2016 NISSAN GT-R物語(11)】2017年モデル・カラー紹介!➡
【2016 NISSAN GT-R物語(10)】ターボチャージャー➡
【2016 NISSAN GT-R物語(7)】初代スカイラインGT-R[1]➡
【2016 NISSAN GT-R物語(5)】羊の皮をかぶった狼[1]➡
【2016 NISSAN GT-R物語(3)】愛のスカイライン[1]➡


-スバル・インプレッサ, トレンド