日記

MV-22オスプレイなぜそれほど嫌われるのか?(1)

[1]琉球新報 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-411412.html

オスプレイ墜落 名護東海岸、夜間訓練中 乗員5人、2人けが
2016年12月14日 06:30

[2]琉球新報 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-412551.html

オスプレイ事故は「最重大級」 米機関が評価、沖縄名護海岸の墜落
2016年12月16日 06:30
[3]防衛省 http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/osprey/pdf/dep_5.pdf

MV-22オスプレイ事故率について
2012年9月19日

【トランプ次期アメリカ大統領(4)】日本の安保[1] 

MV-22オスプレイ事故率について 

防衛省のホームページを見るとMV-22オスプレイの事故率が出ています。米軍が現在運用している航空機の中でもAクラス事故率で平均以下の成績であること、海兵隊の回転翼機の中で最低であることなどが記載されて安全が強調されています。ただし導入後の記録です。

これは嘘ではないことは確かでありましょう。現在、事故率が大きい機体と言うわけではないことは言えるはずです。では「なぜこれほど排撃されるのか?」です。

そもそも駐留してはならない

沖縄の人々の気持ちからすれば当然であるのです。米軍が日本に駐留するのは「進駐軍」つまり侵略軍の立場の意識で、婦女暴行事件のように人権を無視されるからです。日本が独立しても米軍は居続けます。そもそも日本が敗戦して降伏したので米軍の統治下に入ったのであり、その米軍基地の大多数が沖縄にあるからです。

しかし、現在の世界情勢で米軍抜きで日本防衛が出来るのかと言えば、現状は無理です。いま米軍が沖縄から撤退、いえ日本から撤退してしまっては、日本防衛は危うくなります。尖閣諸島、南シナ海、東シナ海などの自由航行が脅かされるだけでなく、いずれ沖縄も脅かされるかもしれません。台湾はもちろん軍事力を使ってでも中国本土と同じように支配するでしょう。特に韓国が北朝鮮、中国の支配下になる恐れが出てきます。韓国国民が受け入れるかもしれません。すると日本本土も危険になってきます。日本も現在の「アメリカの衛星国」と言われる状態から、「中国の衛星国」と言われる状態になる可能性があります。すると中国国内のように「自由」が制限されるかもしれません。主権が制限される状態が考えられます。沖縄の人々が感じている人権侵害が日本全国の人々が感じるかもしれません。

軍駐留が宿命

では、自主位防衛を考えればよいのでしょう。すると米軍に替わって自衛隊が沖縄に駐留することになります。全国に配分されるとしても沖縄は地理的に戦略的重要地点である・・・・

MV-22オスプレイなぜそれほど嫌われるのか?(2)➡

【トランプ次期アメリカ大統領(4)】日本の安保[1] 
【ドゥテルテ大統領】したたかなのか?人格障害なのか?(1)
【ドゥテルテ大統領来日(1)】フィリピン暴言王の真実は?
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]

-日記