日記

MV-22オスプレイなぜそれほど嫌われるのか?(2)

[1]琉球新報 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-411412.html

オスプレイ墜落 名護東海岸、夜間訓練中 乗員5人、2人けが
2016年12月14日 06:30

[2]琉球新報 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-412551.html

オスプレイ事故は「最重大級」 米機関が評価、沖縄名護海岸の墜落
2016年12月16日 06:30
[3]防衛省 http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/osprey/pdf/dep_5.pdf

MV-22オスプレイ事故率について
2012年9月19日

☚MV-22オスプレイなぜそれほど嫌われるのか?(1)

軍駐留が宿命

では、自主位防衛を考えればよいのでしょう。すると米軍に替わって自衛隊が沖縄に駐留することになります。全国に配分されるとしても沖縄は地理的に戦略的重要地点であるからです。

それでは沖縄は解放されたとは言い切れないでしょう。でも日本政府と話し合いが出来て、事件や事故があったとき日本人の主権が及びます。これは大きなことです。でも沖縄が中国に支配されても軍事拠点です。変わらないのです。北方4島とよく似ています。ロシアにとって軍事最重要点であり、沖縄は中国にとっても最重要点です。

かつて中曽根首相時代、レーガン大統領に「日本は不沈空母となって・・・」と発言して問題になったことがありますが、日本全体が中国・ロシアなどの軍事大国にとって大変邪魔な位置にあるのです。それは核武装を完成させる核配備で太平洋に出る入口にあり、通過するたびに知られてしまう位置でもあります。

中国が南シナ海に出ようとするのも、日本が邪魔になりIRBM(潜水艦搭載核ミサイル)を配備する場所が確保できないためでもあります。本当に日本は地理的にはアメリカにとって「不沈空母」なのです。トランプ氏はこの知識もないのであり、理解したら絶対に沖縄を手放すようなことはしなくなるでしょう。

この挟まれた立場に押しつぶされないためには、日本は「経済大国」であり続ける必要があり、アメリカの力が衰えるにしたがって「軍事大国」にならざるを得ないのです。特に中国・ロシア・北朝鮮・韓国の情勢からは、「核武装は必須」となるときが来るのは確実であろうと感じます。

何故オスプレイなのか?

事故率でいえば、開発中の事故率は正確には、どこまでを含めるのか決められませんので分りませんが、大きかったはずです。MV-22オスプレイのように垂直離着陸(VTOL)の出来る機体は、人類の夢・・・

MV-22オスプレイなぜそれほど嫌われるのか?(3)➡

【トランプ次期アメリカ大統領(4)】日本の安保[1] 
【ドゥテルテ大統領】したたかなのか?人格障害なのか?(1)
【ドゥテルテ大統領来日(1)】フィリピン暴言王の真実は?
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]

 

-日記