予測運転の勧め 大人の車学

【箱根駅伝の山道を車で走ってみる!】ワインディングロード走行[2]

2017/01/06

箱根駅伝は、毎年1月2日~3日にかけて行われる学生長距離界最大の駅伝競走ですね。新年の一家団欒、お茶の間を楽しませてくれる風物詩となっています。

でも、箱根駅伝で若い学生選手たちが走るあの山道を自分の足で走ってみるのは、当然ですがとてもお勧めできません。また、車でドライブするのは大変楽しいですが、テレビ番組マツコが「夜の巷を徘徊する」で、トヨタと競演! 時速240kmがマツコを魅了!!【画像あり】 でご紹介しているラリーのマキネンや豊田章男社長がやっていたドリフト走行は日常の走行としては使えませんし、「大人の車学」としてはとてもお勧めできません。ドリフト走行は、舗装道路ではかえって遅くなってしまうのです。

そこで、日常に使えて燃費が良く、速い走り方を伝授してみたいと思います!

【箱根駅伝・箱根の山道を走る】ワインディングロードを走る[1]



ワインディングロードをうまく走るには?

ワインティングロードとは曲がりくねった道という意味で、まさに箱根道のような山道のことを言います。絢香×コブクロの「WINDING ROAD」でもその通り歌われていますよね。

s_phoxさん(@shohei202)が投稿した写真 -


ワインディングロードをマラソンすることには全くの素人ですが、本当は、車でこのワインディングロードを走れないと、「一人前の運転手とは言えない」と思います。

首都高などを走ることとはかなりわけが違うわけですが、ワインディングロードで走行の基本を知ってから都会の交通の流れに乗ることを知ったほうが、より車を知ることになるでしょう。

つまり、車線に沿ってトレースすることが交通ルールであり安全を確保することですが、車は走っているので物理的条件に絶対的に左右されます。その動いている物体であることを体全体で認識できると、自然で早く、省燃費の走りが出来るのです。

車とは走る物体である

これがわかると、去年出た新型スバル・インプレッサが目標とした車の作り方が、どれほど正当なものであるのか?もよく理解できるようになります。「基本性能」が車全体の動きを決定づける要素であると理解できれば、車に必要な性能を知ることが出来ます。そして、それを実現しているメーカーごとのそれぞれの特徴が分ると、車の商品価値もよく分るようになります。

メーカーごとに特徴ある走りを知ると、ただ巷で有名だからとブランドで車を選んでいることを「恥ずかしい」とさえ感じることになります。本来、車は各国の国民性(日本、ドイツ、アメリカ、イタリアなとそれぞれ違います)を楽しむのものであり、色々な楽しみ方はあるのですが、基本的に「車とは走ることだ」と分るのはとても楽しいことです。

曲がりくねったワインティングロード(山坂道)を出来るだけ早く走ることが、車を知り、車を楽しむことだと分ります。さて、箱根のワインディンロードを走って車を楽しんでみましょう。

アンダーステアとは?

「この車はアンダーステア?それともオーバー?」と自分の車の走りの特徴を聞かれて「?」となってしまう人が大多数でしょう。それほど気にしなくても良いのが現代の車です・・・・

【箱根駅伝・箱根の山道を走る】ワインディングロードを走る[3]➡

■関連記事

➡【新型スバル・インプレッサ試乗記(1)】別次元の挙動

➡【インプレッサ】スバル・グローバル・プラットフォーム~動画あり

➡【大人の車学・予測運転の勧め】夕暮れ時の走り方

【大人の車学・予測運転の勧め(4)】信号グランプリ

 

-予測運転の勧め, 大人の車学