スバル・インプレッサ トレンド モータースポーツ 日記

トヨタ18年ぶりのWRC参戦、モンテカルロラリーエントリーリスト決定!スバルのラリー車も発売!

2017/02/18

マツコ・デラックスのテレビ番組「夜の巷を徘徊する」で紹介されていた通り、今年2017年、トヨタが18年ぶりにWRCラリーに復帰することが大きな話題となっています!



WRC・開幕戦モンテカルロ エントリーリスト決定!

この1月3日には、1月19〜22日に行われる世界ラリー選手権(WRC)の開幕戦モンテカルロのエントリーリストが明らかとなり、今年復帰するトヨタは、17年型マシンを2台投入します。

その17年型マシンというのは、「夜の巷を徘徊する」でも見せてくれた「ヤリスWRC」です。要するに、皆さんご存知のヴィッツです。


エース格のヤリ-マティ・ラトバラが10号車ユホ・ハンニネンが11号車のヤリスWRCに乗り込みます。

「ヤリスWRC」が往年のドライバーマキネンの操縦で暴れるさまを見たい方はこちらから!↓↓↓

『マツコが「夜の巷を徘徊する」で、トヨタと競演! 時速240kmがマツコを魅了!!【画像あり】』

 

トヨタ参戦にプジョーのローブも危機感?

現在、「ダカールラリー」に参戦している、プジョーのローブは「今年はトヨタが去年よりも大幅にパフォーマンスを上げてきている。去年、僕が得意としていたWRCスタイルのステージでも、速さをみせてくるだろうね」と言っています。ほんとに、期待です!

・世界ラリー選手権開幕戦モンテカルロ エントリーリスト(抜粋)

 

スバル・インプレッサもWRCの勇者だった!

初めはスバルのレガシーが参戦していたのですが、1992(平成4)年にインプレッサがスポーツワゴン車として登場し、1993年にインプレッサがWRCに参戦するようになりました。

その後、チューンナップされた「インプレッサ555」が黄金時代を築きます。1995年には世界の頂点に立ち、以降もマニュファクチャラーズタイトルなどを獲得するなど、今ではラリーレジェンドとも呼べるものだったのです。

WRCでは、スバルの4輪駆動の優位性が大きく優勝に貢献し、スバリストにはたまらない水平対向(ボクサー)エンジンと共に、この後のスバルの方向性を決定付けるものだったのです。

 

【楽天ブックス】送料無料!

 

かつてのWRCラリー車『週刊 スバル インプレッサをつくる』創刊!

その数々のタイトルを獲得してきた「インプレッサ」のダイキャストモデルを組み立てる雑誌が創刊されました!

実車の8分の1スケールで、55センチほどもある大きなものです。スバリストとしては、それはたまらないものです。ヘッドランプやライト類はもちろん、独立懸架のサスペンションなどが再現されています。また、水平対向エンジン、ボクサーエンジンのサウンドを聞くこともできます! 車内までも精巧なディテールで再現されます。

ぜひぜひ、作ってみましょう。車の構造を勉強するのにも、良いのではないでしょうか?

久しぶりに日本のトヨタが参戦するWRCラリーを見ながら、かつての日本の勇者を作るのもオツなものです!

 

 

【楽天ブックス】送料無料!

【WRCスウェーデンラリー】トヨタ・ヤリスの活躍!うれしい18年ぶりのWRCラリー優勝!

➡【インプレッサ】スバル・グローバル・プラットフォーム

➡【スバル・インプレッサ 日本カーオブザイヤー受賞】その理由は?

➡【新型スバル・インプレッサ試乗記】別次元の挙動

 

-スバル・インプレッサ, トレンド, モータースポーツ, 日記