マツダ・スカイアクティブ・テクノロジー マツダ・新型ロードスターRF

【マツダ・新型ロードスター RF登場】試乗記[4]

2017/08/05

写真出典:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/feature/design/?link_id=sbnv

まず第一はそのスタイリングで、ロードスターのハードトップと言えば、ノッチバックスタイルが定番でした。しかし今回は正確には「取り外し式ではなく格納式」で、それも電動で数十秒でロックを外すなどの操作は一体化され「ワンタッチ」で行われる便利なものです。

そのスタイリングは「好み」は別とすれば、ロードスターのそれをうまくファストバックに処理したプロ―ポーションを持っています。

☚【マツダ・新型ロードスター RF登場】試乗記[3]


試乗車はAT

これまで2台のマツダ・ロードスターを乗ってきたのですが、MTでなくATであったので、これまでほとんど自身で運転することはありませんでした。マツダ・新型ロードスター RFの試乗車は、やはりATが用意されていましたので、少々がっかりすると同時に「やはりね」と感じました。それは走り出してすぐにその味付けではATがふさわしいことを知らされました。

インテリア

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/grade/?link_id=sbnv#roadsterrf

インテリアも好みであるので論評しませんが、マツダ共通の部分がありエクステリアと同様、マツダであると分るようにしているようです。操作支援などのコントロールはパネルで行えるようにしているようですが、それは購入してからじっくりと覚えねばならないのは、最近の電子制御付きの車の特徴です。

シートは、革製が最近の日本車では当然のようになっていますが、革が必ずしも容易とは限りません。わざわざ革のシートを外させたこともあります。革は滑りやすいのが基本ですので、試乗でよく確かめて装着したほうがいいでしょう。

ダッシュボード周りなど、あまりスポーティーさを演出できているとは感じません。外観の行き届いたデザインと比べて、マツダ車共通のイメージを追い過ぎて、ロードスターらしさが見られません。再考を望む部分です。

エンジンスタート

エンジンスタートはスムーズでしたが、振動に関しては「褒められない」と言うのがBMW「シルキー4」と比較しての感想です。日本車では・・・・【マツダ・新型ロードスター RF登場】試乗記[5]➡

➡【BMW7シリーズ(1)】A I の最先端、しかし・!

【新型マツダ・CX-5に乗る(1)】試乗車なし!GVCを試乗する[1]
【新型マツダCX-5北米仕様発表(1)】ロサンゼルス・モーターショー2016
【マツダ・アテンザ(1)】スカイアクティブ・テクノロジー



 

-マツダ・スカイアクティブ・テクノロジー, マツダ・新型ロードスターRF