ミハエル・シューマッハ モータースポーツ 日記

スキー事故で重傷のミハエル・シューマッハ、またスポンサーが契約解除。それでも息子に…

2017/08/25

かつては名声を誇ったF1ドライバーのミハエル・シューマッハ。2013年の冬、フランスのグルノーブルでスキー中に転倒事故を起こし、頭部を負傷して昏睡状態に陥りました。あれから3年、ミハエル・シューマッハはどうしているのでしょう? このほど、契約しているスポンサーが2社、シューマッハから去ったとしています。



現在、ミハエル・シューマッハの容体は?

ミハエル・シューマッハは、ドイツ人初のF1ドライバーズチャンピオンで、最多優勝91回、チャンピオンは7回も獲得しています。

 

【楽天ブックス・送料無料】

事故を起こした翌年2014年にはスイス・レマン湖畔にある自宅に戻りましたが、麻痺と言語障害・記憶障害が残っており、車いすの生活だったと言います。それからの容体は、いっさい公表されませんでした。

2015年には、ある雑誌が「ミハエルは歩くことができる」と報じましたが、実際には歩くことができないらしく、家族はその雑誌を相手取って訴訟を起こしています。弁護士は、「このような憶測は無責任である。ミハエルにとってプライバシーは非常に重要。彼らは多くの関係者に間違った期待を与えている」と言っています。

参考記事:http://f1-gate.com/schumacher/f1_32955.html

残念ながら、依然ミハエル・シューマッハの容体の改善はなっていないように思えます。

さらに、スポンサー2社が契約を解除

今年、2017年に入って、ニュースがありました。


これまでにも、ミハエル・シューマッハと契約している会社(ジェットセット、ネイビーブーツ、ロスバッハーなど)が、契約を解除してきましたが、今回も、高級時計ブランドのオーデマ ピゲとドイツのドアメーカーのホルマンが契約を解除したといいます。

↓↓↓こちらが、高級時計オーデマピゲの「ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ」。これのミハエル・シューマッハモデルは世界限定1,000本なので、なかなか出てこないでしょうか。こちらはデザインが似ているかな~?。

 

【楽天市場】

オーディマピゲでは、ミハエル・シューマッハの記念のコレクションを持っていましたが、今回の契約解除で商品ラインナップからこれを外してしまいました。限定だったので、プレミアがつくのでしょうか?

シューマッハコレクションのタキメーターには、7度のワールドチャンピョンになった事を表す赤と青の星が、ローターにはサイン、裏蓋には限定シリアルの刻印があります。

そして現在も、ミハエル・シューマッハに契約スポンサーは残ってはいますが、いずれも契約金額の引き下げを交渉しているといいます。実際に活動できなくなって、広告塔の意味がなくなってしまった今、致し方ないことなのかもしれません。

ミック・シューマッハ、父ミハエルの思い出のマシンに乗る!F1ベルギーGPで父のベネトン B194でデモ走行

息子のミック・シューマッハに未来を託す

そんなミハエル・シューマッハには17歳の息子がいて、彼もお父さんと同じドライバーの道を歩んでいます。名前はミック・シューマッハ。

2015年にはドイツF4選手権に参加し、4月のオッシャースレーベンでの開幕戦第3レースで初優勝を飾っています。この2017年には、F3ヨーロッパ選手権にステップアップする予定です。

なので、ミハエルのスポンサー契約は数を減らしているものの、ドイツの会計コンサルタント会社、ドイチュ・フェルメーゲンスベラトゥンは現在もスポンサー契約を継続していて、さらに父親の後を追ってF1への昇格を目指す息子、ミック・シューマッハの強力なバックアップとなっているようです。

ミック・シューマッハ、父ミハエルの思い出のマシンに乗る!F1ベルギーGPで父のベネトン B194でデモ走行

➡【皇帝ミハエル・シューマッハ】F1歴代最高の戦績(1)~(3)

➡【アイルトン・セナ】運命のイモラ・サーキット(1)~(5)

➡【2016日産GT-R物語】羊の皮をかぶった狼

➡【2016日産GT-R物語】初代スカイラインGT-R

➡【2016日産GT-R物語】サスペンション・セッティング



-ミハエル・シューマッハ, モータースポーツ, 日記