マツダ・新型ロードスターRF

【マツダ・新型ロードスター RF】が販売好調!その人気グレード、人気カラーは?

マツダの新型ロードスターRFが販売好調のようです! そのロングノーズ・ショートデッキのファストバックのプロポーションがかっこよく、まさにスポーティカーですが、街でもミニバンなど箱型の車を多く見かけるようになった昨今、とても新鮮に見えます。しかし、やっぱり車はスポーツカーであるべきと個人的には思います。



 

マツダ・新型ロードスターRFの、人気グレードは?

グレード別の受注構成比は、「VS」がダントツで61%「RS」が22%、「S」が17%となっているようです。「VS」が357万4800円で「S」とは33万4800円の価格差がありますが、ブラインドスポットモニタリングなどを含んだセーフティパッケージ、Boseサウンドシステム、CD・DVDプレーヤー&地デジTVチューナー、そしてシートヒーターまで含めると、お買い得ということになるのでしょうか。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/feature/design/

さらに「S」との大きな違いは、ナッパレザーのシート。やはりその上質なシートと、オーバーン(赤褐色)のシートカラーが好評のようです。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/grade/?link_id=sbnv#roadsterrf

また、トランスミッション別ではAT(自動変速機)とMT(手動変速機)が約5割ずつとなっているようです。

 

マツダ・新型ロードスターRFの人気カラーは?

カラーの受注構成比は、「マシーングレープレミアムメタリック」が48%、次に「ソウルレッドプレミアムメタリック」が20%となっているようです。

やはり、「マシーングレープレミアムメタリック」はロードスターRFの”売り”なので、多いのは納得できます。その鉄のような質感が硬派的で、スポーティカーという感じを醸し出しています。昔のGT-R全盛の”ガンメタリック”を想起させますね。が、マツダのこのカラーは、光の加減で少し青みががって見えるのも神秘的です!

この「マシーングレープレミアムメタリック」と内装色の「オーバーン」のコンビが、「オートカラーアウォード2016」のグランプリを受賞しています。

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/feature/design/

ボディカラーの受注で次に多い「ソウルレッドプレミアムメタリック」は、すでにマツダの旗艦カラーともいわれる存在になっているので、これも納得です。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/feature/design/

このレッドは、マツダのコンセプトカーが発祥で、「匠塗」という手の込んだカラーです。匠というほどに最初は手塗りだったものを、量産できるものにしなければならない苦労があったと言います。

さて、これから新型ロードスターRFの購入するには、どのグレード、どのカラーにしますか?

マツダ株価情報(日本経済新聞)

 

【マツダ・新型ロードスター RF登場】試乗記[1]➡

【新型マツダ・CX-5に乗る(1)】試乗車なし!GVCを試乗する[1]
【新型マツダCX-5北米仕様発表(1)】ロサンゼルス・モーターショー2016
【マツダ・アテンザ(1)】スカイアクティブ・テクノロジー
【スバル・インプレッサ、マツダ・CX-3の操縦安定性と乗り心地(1)】
【インプレッサ】スバル・グローバル・プラットフォーム(1)~動画あり
【新型スバル・インプレッサ試乗記(1)】別次元の挙動[1]
【インプレッサ・カーオブザイヤー(1)】威力あり!グローバル・プラットホーム
【プリウス E-Four(電動4輪駆動)に乗る(1)】
【プリウス燃費】実走行燃費は![1]
2016年式新型ホンダ・オデッセイ・ハイブリット(1)
トヨタ・シエンタ燃費[1]
【2016 NISSAN GT-R物語(1)】プリンス・スカイライン2000GT[1]

-マツダ・新型ロードスターRF