ゴルフ・ギア トレンド

【石川遼が飛距離を伸ばす?!】キャロウェイの禁断のドライバー、ついに登場!【動画あり】

松山選手が契約のスリクソン以外のドライバーを使用して、去年話題になったのが、皆さんご存知のキャロウェイのグレートビッグバーサ。

そのグレートビッグバーサの後継ともいえるドライバーが、この2017年頭に発売になり、2月17日の発売となります。その詳細がだんだん分かってきたので、ご紹介です。

その名は、『グレートビックバーサ エピック ドライバー』
※アイキャッチ画像引用:http://www.callawaygolf.jp/special/gbb_epic/

 

石川選手がボール初速1.5m増速!

同じヘッドスピードでもボール初速を上げることが出来ると、飛距離は確実に伸びるわけで、効率が良いヘッドの証明です。動画のように石川遼選手が明らかに打った瞬間違いを実感できるのは、数値が上がっている証拠でもあります。

アマチュアゴルファーの男性ではヘッドスピードが平均40m/sぐらいと言われています。ヘッドスピードを平均1m/s上げることは大変な努力が要ります。ましてやシニアになると、逆に毎年1m/sぐらいづつヘッドスピードは落ちていってしまうと言われています。

それをゴルファーは苦労して総重量を軽くしたり、シャフトを長くしたりして補おうとしてきました。それが『グレートビックバーサ エピック ドライバー』のように、ヘッドの効率を上げてボールスピードを上げてくれるのであれば、自分ではスイングなど何も変えなくとも良いので大変助かりますね。

クラブを軽くしたり長くした場合、それと同時にどうしてもスイングも修正せねばならず、慣れるまでに多少の時間を要します。これはプロにとっても同じことで、大変ありがたいことでしょう。

秘密は2本のグラビティコア

『グレートビックバーサ エピック ドライバー』グラビティコアは、フェースの直後にスイートスポットを挟むように、上のクラウンと下のソールを結んだ2本の柱(チタン製)を指しています。このことによりクラウンとソールの歪を抑えてフェースのたわみを最大にしており、その反発力を無駄なくボールに伝えることに成功しているようです。これを、「ジェイルブレイク(脱獄)・テクノロジー」というそうです。

従来は、クラウンとソールがたわむことで、よりスプリング効果を得られるとしていたのですが、時間差が生じてフェースの反発力を分散して(損ねて)しまっていたようです。

今度の「ジェイルブレイク・テクノロジー」では、よりフェースの反発力をボールに集中して伝えられるようになったとキャロウエイでは言っています。

より軽量化の進んだカーボン素材の採用

現在カーボンは飛行機や車などでもその素材の特性が重宝されていますが、ゴルフクラブでも、より軽い素材を採用することが出来ると、ヘッド全体で重量は配分が自由になり、周辺などに配分することで、よりスイートエリアを拡大することが出来ます。

クラウン部分とソール部分にカーボンを採用したことで、設計の自由度が拡大しているわけです。GBBエピックでは、より薄く強度のあるカーボンを開発出来たようで、ヘッドの軽量化に成功しているようです。

GBBエピックの2つのモデル

キャロウエイ・グレートビックバーサ・エピック・サブゼロ(GBB・EPIC・SUBZERO)とキャロウエイ・グレートビックバーサ・エピック・スター(GBB・EPIC・STAR)と2つのモデルがあります。何とも長い名前になっていて分りにくいのですが、松山英樹選手で話題になっている”グレートビッグバーサ”を引き継ぎたいのでしょうか?

大きな違いは重量で、STARが総重量293gと軽量でアマチュアゴルファー向きと考えられています。SUBZEROは総重量306gでヘッドスピードの速い人向けと言われています。

↓↓↓深堀圭一郎プロが、STARモデルのペリメータウェイトの調整の仕方を説明してくれてます!

もう一つの違いは、ネックの「カチャカチャ」があるか、ないかです。ない方が軽量のSTARで、スライド重り(ペリメータウェイト)で調整する方法です。SUBZEROはロフトなどを調整できる仕様で、ソールの前方、後方に重りを調整することでスピンコントロールが出来る仕様です。

石川遼選手は、試打では当然両方を試打しているようですが、STARのほうも気に入った様子も見せています。

↓↓↓1月ファーマーズインシュランスオープンでの石川選手。よく見るとGBBエピックを使用しているのがわかります。


最近の傾向として、プロも軽量で柔らかいシャフトを使うようで、従来は「振れる限り重いものを使え」として来たのですが、最近では7Xや6Sなど私でも使えそうな、軽くて柔らかいシャフトを選んでいます。どのような理論であるのかは良く分りませんが、遼プロのように体に負担のないスペックにするべきと感じます。

アマチュアゴルファーが最適なのはサブゼロ、スター、どっち?

GBB・SUBZEROは前後の重りでバックスピン量が調整できますので、吹き上がりを抑えられるのでプロやアスリート向きと思えますが、スライド重りでフェード、ドローを調整できるSTARがやはりアマチュアゴルファーには使いやすいかもしれません。

↓↓↓こちらがアマチュアに最適な「STAR」モデル。今人気のシャフト、Speeder EVOLUTION(スピーダー・エボリューション)が装着されています。他にもシャフトは選べるようになっているので、指定がある場合は調べてみてください。

 

【楽天市場】

素人にとってフェースアングルの調整機能はあまり役に立たないのですが、ロフト調整はほしいところです。買うときには打ち出し角度と、バックスピン量を合わせてロフトを選んで購入しましょう。

 

新年ゴルフ番組「とんねるずのスポーツ王」で松山英樹、石川遼が魅せたすごいゴルフの技!!(1)
年末ゴルフ番組「KYOKUGEN・極限」で松山英樹と石川遼の直接対決がすごかった!【画像あり】

【松山英樹、注目のドライバー】キャロウエイ・グレートビッグバーサ

【松山英樹と石川遼のドライバー(1)】グラファイトデザインのツアーAD TP-6X[1]

【松山英樹・石川遼のウェッジ(1)】ロブウェッジを入れる理由とは?

石川遼選手、2016国内最終戦、JTカップで使用のドライバーは何??中古で買える?

【松山英樹と石川遼のドライバー(3)】キャロウェイXR16 SUB ZERO[1]

復帰タイガーが「ヒーローワールドチャレンジ」で使用したのはM2ドライバー!

石川遼選手、2016国内最終戦、JTカップで使用のドライバーは何??中古で買える?

 

-ゴルフ・ギア, トレンド