スバル・インプレッサ 日記

【ビックリ!動画】スバル・インプレッサがパトカーやトレーラーを救出する!

スバルの真骨頂4WD(ADW)がこんなところで社会貢献しているとは!! パトカー脱出はまだしも、大型トレーラーの救出劇では、インプレッサのパワーに驚きます!



 

インプレッサWRX、パトカーを救出!


スバルの4WDと言えば、雪道、雪上では圧倒的な力を発揮するので、昔から雪国のユーザーにも信頼を得ています。2014年をデータを見てみると、スバル車の生産の94%は4WD(AWD)でした。

その中で、インプレッサも全体の7割程度は4WD車と言われています。

この冬の季節、異常気象によりどんな地域で大雪に見舞われるかもしれない状況です。そんな時、安心感を与えてくれるのが4WD。筆者も、それを実感した一人です。一晩に30センチ積もっていても、平気で走ってくれました。(もちろん、スタッドレスタイヤ)

動画にあるパトカーの救出劇も、朝飯前といったところでしょうか! でも、本当は逆でしょう?と言いたいですね!

インプレッサWRX STI、驚きの大型トレーラ救出!

この動画のスバル・インプレッサWRXは、STI仕様らしく、パワーは普通のものとは違います。国内の動画じゃありませんし、何年か前のものなので正確にはわかりませんが、最最高出力が300psはあるものと思われます。

「STI」とはスバルテクニカルインターナショナルのことで、スバルのレース仕様の車と考えたらいいでしょう。かつては、今年18年ぶりにトヨタが復帰した世界ラリー選手権、WRCにも出場していた車です。

サーキットやラリーで使うことを前提としていますが、市販もされています。

↓↓↓現行、WRX STI。

※引用:http://www.subaru.jp/wrx/sti/gallery/photo.html

スバル・インプレッサWRX STIのスペック

寸法・重量
全長×全幅×全高(mm) 4595×1795×1475
室内長×室内幅×室内高(mm) 2005×1490×1205
ホイールベース(mm) 2650
トレッド[前/後](mm) 1530/1540
最低地上高(mm) 140
車両重量(kg) 1480 1490
性能
最小回転半径(m) 5.6
燃料消費率(km/ℓ)(国土交通省審査値) 9.4
エンジン
型式・種類
水平対向4気筒
2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ
総排気量(cc) 1994
圧縮比 8.0
最高出力[ネット][kW(PS)/rpm] 227(308)/6400
最大トルク[ネット][N・m(kgf・m)/rpm] 422(43.0)/4400
トランスミッション
変速機形式 6MT:前進6速 後退1速

 

 

【楽天市場】

 

【スバル・インプレッサ 日本カー・オブ・ザイヤー受賞】
【インプレッサ】スバル・グローバル・プラットフォーム(1)~動画あり
【インプレッサ・カーオブザイヤー(1)】威力あり!グローバル・プラットホーム
【新型スバル・インプレッサ試乗記(1)】別次元の挙動[1]
【新型マツダ・CX-5に乗る(1)】試乗車なし!GVCを試乗する[1]
【2016 NISSAN GT-R物語(1)】プリンス・スカイライン2000GT[1]
【NISSAN GT-R物語(22)】サスペンション・セッティング[1]
【NISSAN GT-R物語(20)】新型HONDA NSXと何が違うのか?[1]
【TNGA(Toyota New Global Architecture)-1】
【マツダ・アテンザ(1)】スカイアクティブ・テクノロジー

 

-スバル・インプレッサ, 日記