アコーディア・ゴルフ トヨタ・TNGA 大人の車学

【トヨタ・C-HR】TNGA第2弾「本物の資金効率」(2)

写真出典:http://toyota.jp/c-hr/grade/g/?padid=ag341_from_chr_grade_grade_g_detail_thumb 

トヨタ自動車のTNGA(Toyota New Global Architecture)に、プリウスに次ぐ適合車第2弾として、C-HRが発売になりました。TNGAについては大きな誤解が社会に蔓延しているようです。以下の記事についてもかなりの誤解があるようで、「資金効率」についての知識として見てみたいと思います。

日経ものづくり(日本経済新聞 電子版)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11725360W7A110C1000000/
設計・生産の効率2割向上 トヨタのクルマづくり改革
2017/2/15 6:30

➡【トヨタ・C-HR】TNGA第2弾「本物の資金効率」(1)


改めてTNGAと銘打った理由

ここでトヨタが改めてTNGAを行う理由ですが、「生産台数世界1位」を目指して展開してきたことで、世界のいたるところで生産販売するグローバル企業となっていました。そこで市場に合わせて車種も多種に及び、また各地に展開した生産拠点の意思疎通の問題もあり、リーマンショックで減産に追い込まれたとき、「致命的な弱点」を認識したのでしょう。減産しても「固定費」が思う様に下がらず、気が付いたのが、車種ごとの生産体制の無駄であったはずです。


そこでトヨタが進めなければならないと認めたのが、減産時に硬直化した生産方式の問題に気付いたのでしょう、「遊休ライン」と「平準化」の問題であり、世界中の生産体制を結び付けた柔軟な生産方式で、増減産に強く、効率が向上し、資金効率が上がる方策でした。

これは車種ごと地域ごとの分割が行き過ぎた体制では、無駄が発生していることは明白で、ラインの遊休は人の時間が遊ぶことになり、コスト増加に結びついてしまいます。車種ごとの生産ラインは仕事量の平準化に問題を生み、総資金量の大幅な増大を招いていたはずです。

これは世界規模で平準化を進めないとコスト増がトヨタの首を絞めると気付いたのでしょう。また「I o T]の時代に入ったとき、全世界規模で稼働率が問われるはずで、そのシステムを構築しておくことの必要性を痛感しているのでしょう。それはかなりきめ細やかな生産体制で世界中のどの工場でも、出来ることならあらゆる車種を生産できる体制が必要となり、それが受注できる能力となるのでしょう。

いま「TNGA」は最新の技術レベルの車を生産できる体制を目指すとともに、信じられないほど柔軟な生産体制を創ろうとしているのでしょう。

出典:http://toyota.jp/c-hr/performance/?padid=ag341_from_chr_navi_performance

日経ものづくり(日本経済新聞 電子版)

設計・生産の効率2割向上 トヨタのクルマづくり改革
出典:http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11725360W7A110C1000000/

この記事を書いた記者は大変良くTNGAを取材し、学んだことが伝わってきますが、生産現場を知らないことで、どの時点の生産方式を基準にしてTNGAを見るべきかの基点を誤ったようです。・・・

【トヨタ・C-HR】TNGA第2弾「本物の資金効率」(3)➡

「車の知恵」 一覧
「大人の車学」 一覧
「モータースポーツ」 一覧
「アコーディア・ゴルフ」 一覧

 

-アコーディア・ゴルフ, トヨタ・TNGA, 大人の車学