アコーディア・ゴルフ トヨタ・TNGA 大人の車学

【トヨタ・C-HR】TNGA第2弾「本物の資金効率」(3)

2017/03/20

写真出典:http://toyota.jp/c-hr/grade/g/?padid=ag341_from_chr_grade_grade_g_detail_thumb 

トヨタ自動車のTNGA(Toyota New Global Architecture)に、プリウスに次ぐ適合車第2弾として、C-HRが発売になりました。TNGAについては大きな誤解が社会に蔓延しているようです。以下の記事についてもかなりの誤解があるようで、「資金効率」についての知識として見てみたいと思います。

日経ものづくり(日本経済新聞 電子版)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11725360W7A110C1000000/
設計・生産の効率2割向上 トヨタのクルマづくり改革
2017/2/15 6:30

➡【トヨタ・C-HR】TNGA第2弾「本物の資金効率」(2)

➡【トヨタ・C-HR】TNGA第2弾「本物の資金効率」(1)


 

日経ものづくり(日本経済新聞 電子版)

設計・生産の効率2割向上 トヨタのクルマづくり改革
出典:http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11725360W7A110C1000000/

この記事を書いた記者は大変良くTNGAを取材し、学んだことが伝わってきますが、生産現場を知らないことで、どの時点の生産方式を基準にしてTNGAを見るべきかの基点を誤ったようです。「多種少量生産は1日にしてならず」で、半世紀の現場の担当者から社長までの真剣な努力のたまものです。しかも経営者よりも現場の担当者たちの力が90%であると言っても良いのでしょう。けっして「机上論」ではなく、新しい考え方を展開する力は、並大抵のものではありません。その経緯をつぶさに語れる人材もまた一握りです。


生産ラインの構造も、より「屋台(多数の工程を一人で組み立てる方式)」に近づいているのでしょう。横ラインではなく一人で完成まで組み立てる縦の流れがこれを可能にしてきました。私は、これを「工程結合」と呼んで、新日鉄の溶鉱炉から、組み立てライン、完成車販売までを繋げることを夢見て、半世紀前「髪の毛から爪の中まで油まみれになって」徹夜で努力したのでした。

きっかけは、実に小さなアイディアからでした。旋盤加工では、必ずと言って良いほど1工程と2工程が必要でした。それを「連続して加工出来たら、1回在庫管理がいらないね」と言った発想でした。コンピュータ制御の旋盤を導入するとき、可能になるチャンスがやってきました。私も体を壊してしまいました。昼夜を問わない稼働を続けなければ、日常業務の納期に遅れてしまう中で必死で問題の解決に取り組んだのです。

1工程2工程共通の治具を開発することは容易ではありませんでした。「日経ものづくり」の記事の中で記者は一行に満たない記述でした。

❝まず、加工や組み付けの治工具の基準を統一して共通化する。❞

これをこれまでの発想を出て完成するには1工程で1年ほどが必要でした。技術的な問題だけでなく、新しいことに挑戦する勇気のある社員の出現と、それを邪魔するものとの駆け引きなど、人間関係や組織の作り方、運用など、管理技術の取り組みでもありました。

完成して日常業務として稼働し始めると、加工時間が1/5になったことよりも、中間在庫が一工程分なくなったことによる在庫場所の減少、運搬の減少、管理手間の減少など、計り知れない手間暇の減少が見られました。これはコストダウンであり総資金量の減少であり、資金効率の目覚ましい向上であることを実感したのでした。これを全工程に展開していくには、さらなる管理技術の開発も必要であることを知りました。

半世紀前その時の無理がたたり、こうしてキーボードを打っていても、背中がひどく痛んでくるのですが、資金効率の意味を人に説いているときは、逆に力になるのです。

出典:http://toyota.jp/c-hr/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_chr_top_eng_hv01#

「日経ものづくり」(日本経済新聞)に望むこと

このメディアの記者たちに望むのは、「ものづくり」はいつも「資金効率との戦い」であることを学んでほしいことです。そして現在の視点をどのレベルに置くべきかを真剣に検討してほしいと言うことです。

それは産業革命が起きてからフォード方式、GM方式、現在のトヨタ方式に至るまで、そしてヨーロッパ諸国を中心に進められている第4次産業革命とも言われる動きを捉えることです。その中にTNGAはあります。

➡【ホンダF1エンジン、瀕死】マクラーレンはメルセデスと契約か?[1]

「車の知恵」 一覧
「大人の車学」 一覧
「モータースポーツ」 一覧
「アコーディア・ゴルフ」 一覧

-アコーディア・ゴルフ, トヨタ・TNGA, 大人の車学