日記

【森友学園問題・安倍首相激高?】国会答弁で逆攻撃?

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1783808.html
安倍首相、森友学園「無関係」強調 隠蔽指摘に激高
[2017年2月25日9時48分 紙面から]

 

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK2S3CQYK2SUTFK005.html
「安倍晋三記念」名で寄付集め、首相が抗議 森友学園に
2017年2月24日12時06分

 ➡【豊洲市場問題・百条委員会で何を追求すべきなのか?(1)】


森友学園は右翼思想教育?

安倍昭恵夫人が名誉校長を引き受けていた森友学園問題で、国有地売却などで、安倍総理が国会で追及を受ける中、昭恵夫人が名誉校長を辞退したことで「隠蔽ではないかと思った」と言われたことについて、質問者に「失礼だ!」と逆に攻撃する姿は、少々常識を逸脱していないのか?


前日、財務大臣としてこの問題について答弁した麻生副総理も「何を勝手なことを・・」と答弁としてふさわしくない言動を見せていたのに驚いたのですが、安倍首相の答弁も、質問者が冷静に疑問をぶつけているのであり、身に覚えのないことであれば説明することが本来の姿です。

小池都知事も記者の質問に対して声を荒げて「失礼ではないのか」と言ってみたり、どうもこのところの政治家は記者の質問、野党の質問を「国民からの質問」と受け止められないようです。

アメリカ・トランプ大統領もマスメディアの記事に対して、証拠を見せて反論するのではなく、権力をかさに着て言い返す姿は、とても民主主義国家のマスメディアに対する姿勢とは考えられません

森友学園は明治天皇の「教育勅語」を持ち出す教育を施しており、戦前の「全体主義」に逆戻りするような心配をしなければなりません。籠池泰典理事長は、右翼団体と言われる「日本会議」の幹部メンバーであり、「教育方針が良い」として昭恵夫人が「名誉校長を引き受けた」のに、「しつこい」と安倍首相は評するなどの言動は、利用されたとしても、国民に疑問を抱かせたことを謝罪するべき立場です。

安倍首相の言動は、「礼儀作法に問題がある」と言わざるを得ません。

盗人猛々しい

国民のだれもが「どうしてこれほど安いのか?」と疑問に思う土地売却価格ですので、その人物に関わったことは安倍首相の誤りであり、誤解を招いたことを国民に謝罪すべきです。真にマナーが悪い首相に、大統領、知事たちです。「盗人猛々しい」とはこのことです。

どうして、このように問題を起こした側が「開き直り」、「相手を脅す」ような対応がまかり通るようになってしまったのでしょうか? 本当に関係ないのであれば、誠心誠意説明すれば国民は、その真意をつかむものです。

また官僚が「資料は捨てた」と答弁するのも常識はずれです。国民に対して上から目線で言動することは慎むべきことで、このような政治家、行政の長を国民は許すべきではありません。国民が声を上げなければならないときが近づいているようです。

➡【ブラックバイト・ブラック企業の流行るわけ?(1)

➡【トランプ大統領・金融規制緩和に動く(1)】トランプ政権の本性・格差拡大の方向

➡【豊洲市場問題「私怨?」(1)】石原慎太郎×小池百合子
➡【豊洲市場問題、議会参考人招致(1)】石原慎太郎「喜んで応じる」
【豊洲問題から学ぶ(21)】処分しても終わらない[1]
【豊洲問題から学ぶ(19)】皆さん間違いです・!!
【豊洲問題から学ぶ(18)】8人の処分は政争の具?
【豊洲問題から学ぶ(16)】品質保証から政争を排除せよ!
【豊洲問題から学ぶ(14)】どんな不良なのか?
【豊洲問題から学ぶ(12)】社会の縮図[1]
【豊洲問題から学ぶ(9)】「誰が?」ではなく「何が?」です[1]
【豊洲市場問題から学ぶ(6)】投資とマネーゲーム[1]
【豊洲市場問題から学ぶ(5)】石原慎太郎
【豊洲市場問題から学ぶ(2)】水はコンクリートの天敵[1]
【豊洲新市場問題から学ぶ(1)】結論ありきの作文[1]

 

-日記