ゴルフ・スイング理論 トレンド

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(40)】ジャンボの右手打ち[1]

月刊ゴルフダイジェストの2017年4月号で久しぶりにジャンボ尾崎の記事を見ました! この記事でジャンボはアイアンでは「左手リードになり過ぎないようにして右手スナップで打て!」と言っています。これは「4スタンス理論」ではB2・B1の右半身で打つ意識に適合しています。ジャンボも70歳です。加齢により体をねじることがつらくなってきたとき、ヘッドスピードが落ちてきますし、無理に捻転するために腰・足が動きすぎてミート率も急に下がります。

以下の記事も参考にしてください。

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(38)】重心ポイントで3m/s差

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(39)】三角形の位置で3m/s差



B2の右手打ち

↓↓↓ジャンボ尾崎の記事が載っています。

 

【その場で読める楽天の電子書籍KOBO】

ジャンボの言っていることは明快で、「左リード」を意識していると左肩が開いてこすり球になったり、引っ掛けることになってしまいます。それはバックスイングで十分に捻転しないまま打ちに行くことで、左リードを若い時と同じように意識すると、左肩がバックスイングの時十分入っていない分、インパクトで左肩が開きすぎてしまうのかもしれません。

そこで右手のタメを使い、ジャンボの説明では「右手のスナップ」で右手を押し込むように打ちに行くのだそうです。「B2ならではの右半身打ち」で右手を押し込むようにしてインパクトゾーンを長く取り、手打ちにならないようにしているのでしょう。

タメを強くしながらインパクトゾーンを長く取れて、引っ掛け等のミスを少なくしているようです。これだとヘッドスピードの高く保てて、飛距離も確保できるでしょう。

試してみよう!

ジャンボと同じ年代の年寄りには耳よりの話ですので、早速練習場で試してみます。「アイアン限定」の打法とジャンボが言っていますので、まずはアイアンから。

左リードの感覚を制御するのですが、バックスイングで肩の入りが甘くなってしまいます。それを構わず後ろ体重気味にクラブを肩に担ぐようにして、ためを強くするイメージでヘッドを遅らせて右半身を押し込むイメージを持ちます。なるほど楽にヘッドを走らせることが出来るのですが、左リードを意識しないことでチーピンになります。

当たらない! 続いてダフリます。回転が止まってしまうようです。

どうにもならないのでグリップをゆるゆるにして、肩の入りは十分でなく、体がきつくならない程度でねじるのをやめて、グリップゆるゆるのままターンをします。しかしダフル、ダフルどうにもなりません。

忘れていた!「右手を使え」

いい加減いやになってきたところで、ジャンボは何を言っているのかと、一休みしながら考え直します。「左手リードを意識することなく、右半身で打つ」ではなく「左手リードと同時に右手を押し込める」・・・

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(41)】ジャンボの右手打ち[2]➡

 

【「あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)」の理論組み立て】0番に戻る
【あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)を解釈する(1)】スイングの基礎1番に戻る

【ドライバーをネットでカスタム注文してみよう(1)】松山選手使用のGBBの場合[1]➽
【松山英樹、注目のドライバー(1)】キャロウエイ・グレートビッグバーサ
【ゴルフ・ギアとスイング(1)】フィッティング
【ゴルフ・ギアとスイング(2)】シャフト[1]
【ゴルフ・ギアとスイング(5)】ヘッド[1]
【ゴルフ・ギアとスイング(7)】14本のクラブ[1]
【ゴルフ・ギアとスイング(9)】ヘッドスピードを上げる
【松山英樹と石川遼のドライバー(1)】グラファイトデザインのツアーAD TP-6X[1]
【松山英樹と石川遼のドライバー(5)】キャロウェイXR16 SUB ZERO[3]
【池田勇太プロのドライバーが使用禁止?!】アイアンは何を使用してる?
【ナイキのゴルフ用品撤退の事実(1)】ローリー・マキロイとタイガー・ウッズ~タイガーがナイキの代わりに使用するボールは?
【池田勇太のアイアンをネットでカスタム注文(1)】アマチュアでも使えるヨネックス・N1-CBフォージド
【松山英樹】キャロウエイ・グレートビッグバーサーに替わるドライバー

 

-ゴルフ・スイング理論, トレンド