ヘルスケア 日記

【目薬】あなたの目薬のさし方、それダメじゃないですか? パチパチしてますか?

2017/03/10

2017年3月17日号「週刊ポスト」の”効く「目薬」効かない「目薬」”の記事を見て、なるほど~と思ってしまった。意外に思い込みで間違った使い方をしているんですね~。花粉症の季節、目薬さす機会も多いかと思います。目薬の使い方や注意点をまとめてみました。



目薬は何滴さしたらいいの?

↓↓↓2017年3月17日号「週刊ポスト」。”効く「目薬」効かない「目薬」”の記事。

 

【その場で読める楽天の電子書籍KOBO】

「週刊ポスト」のこの記事は、彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長の平松類先生が監修していますので、信用できるものだと思います。

市販の目薬の用法・用量を見てみると、「1回1~2滴」とか「1回2~3滴」とか書いてありますが、ちゃんと目に入れば1滴でいいそうです。

何故かっていうと…人間の目にたまる水分量は約30マイクロリットル。そして、大半の目薬の1滴の量は30~50マイクロリットル。だから、1滴で十分なのです。

2,3滴さしても、目の外にあふれちゃうだけで効果はないのです。ムダなだけなのです。

さした後、目をパチパチするのはそれダメ!

目薬をさした後、目をぱちぱちする人多いと思います。私もそうでした。だけど、それは大きな間違い!!!成分が涙を一緒に外に排出されてしまいます。

さした後は、目をつぶったまま1分ほどはじっとしているのが正解だそうです。何と言われようとも、じーっとして成分が染み渡るのを待つのです。
↓↓↓マイ目薬ポーチ!

 

【楽天市場】

 

1日の回数をオーバーすると大変!!

効果がなさそうだからと言って、用法・用量に記している回数以上に目薬をさすのはやめましょう

何故かというと、目に薬の成分の耐性ができてしまい、効きにくくなるからです。

目薬の種類によっては、ドライアイや眼圧の上昇などの副作用が起きてしまいます。注意しましょう!

雑菌が入ったら捨てよう!

慌ててフタを落としてしまう、なんてこともあると思います。そしたら、その目薬を使うのはやめましょう。

雑菌が入った目薬を使っていると、角膜を傷つけたり、炎症を起こしたり、視力が低下してしまうこともあるようなので、万が一落としてしまったときは新しい目薬に代えましょう。

また、さす時に、瞼やまつ毛にふれないように注意しましょう。その雑菌も、フタを落とした時と同様に危険です。

次回は、【目薬】塩酸○○○○と防腐剤には気を付けよう!

 

【お疲れの方に朗報!】キューピーコーワゴールドαと同じ成分の薬が安く買える?

【プレミアムフライデー・働き方改革(1)】残業規制・消費向上

【市場の縮小のメカニズムと対策(1)】自動車とゴルフ

➡【トランプ大統領 入国制限・入国拒否(1)】アスペルガー症候群の自己愛性人格障害?

➡安倍首相、トランプ大統領への手土産はネットで買えるゴールドのボールペンと手許箱!その意味は?

 

-ヘルスケア, 日記