ゴルフ・ギア

【飛距離が伸びるボール選びを考えてみる(2)】飛距離を伸ばせるボールとは?

ゴルフボール選びは、実は非常に重要です。ゴルフで使えるボールには規格に幅があるんです。だから自分に最適なボールを選ぶと、良いスコアメイクや、飛距離を伸ばすこと可能になってくるのです。

  • ボール初速を伸ばし、スピン量を決める。
  • 価格が安いため、あらゆる種類のボールを試打できる。

アマチュアゴルファーにとっては、まず初めにボール選びをして見るのが、上達の早道であるのかもしれません。

↓↓↓参考雑誌:「アルバトロス・ビュー」 2017年 4/13号:【ボールの本当の実力】「とことんテスト」

 

【楽天ブックス】

 


←【飛距離が伸びるボール選び(1)】ボールフィッテング

ジャンボ尾崎の高いティーアップって?

ジャンボ尾崎選手がJ'sブランドでメタルヘッドを作り上げ、マスターズに持ち込んだとき、ジャンボ尾崎選手の周りには沢山の世界の名手が集まり、世界にお披露目されることになりました。

そのときのジャンボ尾崎のティーアップは当時の常識を超えたものでした。それは「アッパー軌道で打つ」とのジャンボの理論がありました。つまりジャンボは当時の飛ばし屋であったのですが、それでもさらに飛距離が出る技術を追い求めて、注目していたのが「スピン量」でした。

当時、あまり市販されていないほど長いティーをジャンボが使ったのはなぜなのか?

その当時のジャンボ尾崎のクラブヘッドのロフトは8.5度でした。現在では考えられないロフトです。これは試合中でも毎秒50mを超えるジャンボのヘッドスピードではスピン量が多く、吹き上がって飛距離をロスするので、ロフトを立てスピン量を減らしたのでした。

しかし、そうするとボールの打ち出し角度が低くなりすぎて、キャリーが不足して飛距離をロスしてしまうのです。そこでジャンボはアッパー軌道で打ち出すことにして、ティーを高くしてヘッドが上がり始めたときに打ち出すことを始めたのでした。実戦に初めてスピン量をコントロールする技術を持ち込んだのがジョンボ尾崎だったのです。

しかしながら、これはアマチュアゴルファーがマネをすると煽り打ちになってしまい、スイングを壊してしまいます。現代のクラブではその必要性はなく、プロでもフラットに打ち出すことが良いのです。

現在、飛距離優先で人気のボールは?

↓↓↓ティショットの飛距離を重視したい人へ。打感は硬めで高反発ボールです。確かに参考雑誌「アルバ」によると、ボール初速が64.2と高く、スピン量は2685で低くなっています。

 

【楽天市場】

↓↓↓ティショットの飛距離を重視したい人へ。こちらは打感が柔らかいほうがいい人向け。ミスヒットに強いです。わりと初心者で飛距離を伸ばしたい方へ。

 

【楽天市場】

 

有効打点距離

今ではクラブヘッドの仕様書にも書かれるようになった「有効打点距離」ですが、重心からヘッド上端までの間が、重心で打つよりも、むしろ飛距離が伸びる・・・【飛距離が伸びるボール選び(3)】スピン量が少なくて飛ぶボール➡

 

【楽天ブックス】

 

「ゴルフ・ギア」 一覧
【ゴルフボール】安くたってあなどれない飛ぶC級ボール!1ダース2千円以下もある!
➡【2017年にピッタリのゴルフボール、酉の干支ボール! 商売繁盛のボールは?
➡【ドライバーをネットでカスタム注文してみよう!】松山選手使用のGBBの場合
➡【石川遼が飛距離を伸ばす?!】キャロウェイの禁断のドライバー、2月発売【動画あり】

-ゴルフ・ギア