ゴルフ・スイング理論

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(54)】ダウンブローの科学2(動画あり)

アイアンショットでは「ダウンブローに打つべき」または「ダウンブローは必要ない」との論争を聞いたことがあるでしょう。さてどのようなことなのでしょうか・?


そして「4スタンス理論」ではどのようなこととなるのでしょうか・?




←【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(53)】ダウンブローの科学1

 

4スタンス理論タイプ別、ダウンブローとの相性

4スタンス理論でいうと、インパクトゾーンが長いA1・B2タイプにとって、ダウンブローまたはレベルブロー、どちらの打ち方でも対応しやすいと言えるのでしょうが、下から入りやすいB2である私は、ウッドとアイアンでは打ち方を変える必要を感じてきました。それを出来るだけシンプルに実現するにはどのようにしたらよいのかの試行錯誤でした。

ゴルフを始めたばかりの頃は、ともかくアイアンでボールを上げるには、ボールの下にクラブヘッドをくぐらせるしかないと感じて、「打ち込む」と言えるほどダウンブローでした。それは現在でも抜けきらずにレベルブローに振ることが出来ません。いつもターフを取り過ぎてゴルフ場に恐縮しています。

B2タイプはクラブが寝て入りやすいので、バックスイングの時から、アイアンは出来るだけアップライトに上げるように心がけています。そしてダウンブローに打とうとして手打ちになることが多いので、クラブヘッド軌跡の半径をイメージして重心位置を左足に多く置き、ヘッドの軌跡がバックスイングでは大きく、ダウンスイングではインパクト以降は小さいイメージで打っています。

つまり、ヘッド軌跡の半分の位置がバックスイング側にずれて、インパクトが半分より左になり、自然にダウンブローで地面にクラブがめり込むことになります。

クラブヘッド軌跡の扇型がバックスイング側に大きくなっているイメージです。ですからフォロースローを大きく取るイメージでなく、ノックダウンスイングのイメージです。

A2タイプでは、左一軸打法でノックダウンイメージでしょうか?

↓↓↓お馴染み!芹澤プロの「ターフの取り方」レッスンです!

ダウンブローのメリット

大きなターフを取るダウンブローではインパクトゾーンは縦に見ると点になります。4スタンス理論のA2・B1タイプでは自然でしょう。これに私がやっているように扇型を少しバックスイング側に大きく取る・・・・あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(55)】ダウンブローの科学➡

 



 

-ゴルフ・スイング理論