ゴルフ・スイング理論 日記

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(56)】リストターンで飛ばす[1]【D・ジョンソン動画あり】

2018/07/24

「初心者はリストターンが出来なくてスライスになる」と思われています。一方、プロは「リストターンを抑えて方向性を出す」と言います。4スタンス理論ではタイプ別にどのような癖があるのでしょうか?



 

リストターンで飛距離を出す、は物理的に当然!

Wait for it..... @a__introvert

Mike Croisetiereさん(@mcroisetiere)がシェアした投稿 -

若い時、シングルさんが「コックを抑えてリストターンだけ使いなさい」とアドバイスをくれました。数年前には、インストラクターの人が「リストターンで飛ばすんだよ」と得意げに教えてくれました。果たしてどのようなことなのでしょうか?

最近のトーナメントプロはリストターンを抑えています。最近、石川遼プロも抑えるように打つよう気をつけていると言います。

しかし、私には不思議でなりません。スローモーションを見るとインパクトではリストは返っており、何も変わっているようには見えません。フォローで無理に返さないようにしている不自然さが見受けられます。

基本的にダウンスイングに入ったとき、フェースを開かずにバックスイングしても、あるいはしなくても、同じようにフェースはほとんど正面を向いています。フェースを開かずにバックスイングしても、ヘッドが取り残されたように遅れてくるので、体が先に行ってフェースを開いた位置と同じになっているのです。

インパクトでは同じ動き、フォローでフェースを反さない努力をしているようで、インパクトのままフォロースローに入っている人もいます。

つまりはインパクト付近でフェースターン、つまりリストターンしなければ、「飛びやしません」となるのです。

↓↓↓2015年全米プロ、ダスティンジョンソンのドライバーショット!

グリップで、腕とシャフトに多少なりとも角度があるのであれば、返さなければボールに当たりません。腕の位置と角度を保ったままボディーターンで打てば、全くヘッドスピードが上がらず、飛びません。基本的にフェースターンを使わずにゴルフは出来ないのです。

【優勝!ダスティン・ジョンソン】の使用ウェッジにクラブセッティングの妙があった!? 52度、60度2本、64度。【動画あり】




 

問題は、リストターンの速度

問題は、リストターンをする速度にあります。

ダウン開始ですぐにターンし始めてインパクトを迎えると、ターンのスピードは緩やかです。だから、タメの強い人はターンを開始するのが遅いので、スピードを上げてターンする必要が出ます。ヘッドスピードも上がるのですが、タイミングを短い時間で取らなければならないので、ミスも増えるのです。

それに対して、ゆっくりターンするとミスが減るので「あまり反さない」となるのです。それは「ゆっくりターンさせる」との意味になります。リストターンは必要ないわけではありません。

ダウンに入ってすぐにターンを始めて、ゆっくりできればミスが減るので「ためを作らない」動きがこれを可能にします。

 

リストターンのタイプ別の相性

4スタンス理論の4つのタイプではどのようになるでしょうか? これには4タイプのスイングの特徴を見ると、体重移動の距離が長く…リストターンつづき】➡

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(55)】ダウンブローの科学3(動画あり)

【飛距離の伸びるボール選び】軽いのがいいか?重いのがいいか?ヘッドスピードによって違うのがわかった!

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(60)】シニアが飛距離を伸ばすには?(動画あり)

 



-ゴルフ・スイング理論, 日記