アコーディア・ゴルフ ゴルフ場評価 日記

速報!【ゴルファー3割減 レジャー白書の衝撃の事実】PGAは正気なのか?

2017/08/30

「レジャー白書2017」の数字は衝撃でありましょう。年間に1回以上コースでゴルフをした人は、2015年は760万人と前年より少々増えていましたが、2016年は550万人と210万人も減ったそうです。1年間に27.6%減となり、「ゴルフ場業界存亡の危機と言えるのでしょう。



さらに衝撃なのは60~79歳までの人が52.8%となっており、さらに50歳代が昨年15.8%から8.5%に減少し、40歳代は11.0%から8.3%に減少して、団塊の世代のリタイヤどころか、その後を担う世代が、大幅に減少した。


PGAは、この数字の真偽を確かめ、早急に対策することだ。「公益社団法人だ!」とえばっている時ではあるまい。

PGA、アコーディア・ゴルフの経営陣も、このブログを読んでいるはずなので、座っている場合ではない。

①全国のゴルフ場・練習場・物販・その他施設、全てを統合して役割分担をすること。

②個別のゴルフ場の立地条件に合わせて、プレースタイルの刷新をすること。私にアイディアがある。

以前から「ゴルファーが急激に減る時期が来る」と言われていた。さらにデータを集めて記事にしている。こちら【レジャー白書・ゴルフ人口激減】データーの信憑性は担保されているのか?



-アコーディア・ゴルフ, ゴルフ場評価, 日記