トレンド 予測運転の勧め

【事故回避の現場】ドライブレコーダーが見たドキドキする映像集!【動画あり】

神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突しワゴン車の夫婦が死亡した事故。御殿場でゴルフするため、よく通る道のりの出来事でした。自分がこの事故に遭遇していたら?と思うと、怖くなります。

また、偶発的な事故ではなく、故意に進路妨害された末の悲惨な結末ということで、とても胸が痛みます。とりあえず、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの疑いで犯人が逮捕されたことは本当に良かったと思います。




これには、近辺を走行していた車両のドライブレコーダーが役に立ったと言うことで、やはり万が一のためのドライブレコーダーの必要性が、この事故をきっかけに高まっているようです。

ここでは、ドキッとするような事故回避の様子を、ドライブレコーダーが捉えている映像をいくつかご紹介しようと思います。

幸い事故には至っていませんが、もし事故になっていても、詳細に様子をとらえているので、ドラレコの映像は過失責任などを証明できるものにもなるでしょう。見ていると、ドキドキ、ハラハラしてしまいますが、ドライブレコーダーのメリットを感じることができるでしょう。

危機一髪! 高速道路のカーブの先

いやいやありそうなことですよ。しかしよく回避できましたね。ドライバーのハンドル操作は神業でしょう。先の見えないカーブはできるだけスピードを落していきましょう!

夜間の突然の渋滞

これも、会社からの帰り道など日常ありそうなことです。夜で視界は良くないですし、ちょっとのよそ見でブレーキが遅れることはあるでしょう。信号の多いところは特に注意です。これもよく回避できたと言うのと、左にとっさによけた時、左車線に車がいなかったのが運が良かったですね。多重事故が予想されるシチュエーションです。



 

信号で急ブレーキ

これは、ドラレコ搭載の隣車線での出来事。信号で止まった前車にトラックが危うく突っ込みそうになる映像です。前車のドライバーはバックミラーをしっかり見ていたのでしょう。とっさに少し前に出たため、衝突することを回避できました。

最近は、赤でも通過しようとするドライバーが多いため起こる事故です。なので、走行中に周りに気を配り、他車との速度差などを勘案しながら、バックミラーも確認しながら対応することが必要となってきます。赤になりそうだと思ったら、事前にブレーキを踏んで、後続車に警告しておくのも必要でしょう。

交通法規では、「黄信号」は基本的に停止線等を越えて進行してはならないことを意味します。ちゃんと停止線で止まらなければならないのです。しかし、追突の危険性がある場合、つまり安全に停止できない場合は通過してよいとなっています。

 

と、このように、日常何気なく運転している中にも事故の危険は潜んでいます。万が一、事故になってしまったときのこと考えると、一部始終を証明してくれるドライブレコーダーが必要ですね。

↓↓↓楽天市場でドライブレコーダー第1位。常時録画で夜間映像もばっちり!

 

【楽天市場】

事故防止のために進化する、ミリ波レーダー 各メーカーの動向

新型スバル・インプレッサ 2017年口コミ評価 評判まとめ(3)~乗り心地・燃費【動画あり】



-トレンド, 予測運転の勧め