トレンド

【2017ダンロップフェニックス】松山英樹とジャンボ尾崎、男の戦いに引退はなし!? 「英樹、たいしたことねぇな…」

2017年11月、例年通り行われた「ダンロップフェニックストーナメント」。その2日目。ジャンボ尾崎は予選敗退に終わったが、2日間一緒に回った松山英樹と固い握手を交わして、会場から去っていった。お互いどう思っていたのか?



ジャンボ尾崎、引退はせず

ダンロップフェニックスの2日目、70歳の尾崎将司プロ。スコアは「79」、2日間合計で通算14オーバー。82位で予選落ちとなってしまった。

18番ホール終了後、2日間36ホールを一緒に回っていた松山英樹と固い握手。

どうやら2人、お互いに刺激があったようである。

ジャンボ尾崎は、「英樹のゴルフを見て、少しでも飛距離を近づけようと、そういう努力が必要だな」と言ったらしい。まだまだ、やる気!

今回を最後に引退か??というウワサもあったのだが、どうやらそれはなくなったようだ。

松山英樹のプレーを見て、『1アンダー、1アンダーか。たいしたことねえな』(ジャンボじゃなけりゃ言えないお言葉…)と言ったというから、まだまだ闘争心むき出しである。やはり、だいぶ刺激になったらしい。

松山、ジャンボの引退を決意させられなかった?

一方、松山英樹も、大先輩とはいえ70才のおじいちゃんにそういわれちゃ、世界ランキング4位の名が廃る。

「ジャンボさんを驚かすようなプレーじゃなかったのは、ジャンボさんも感じてくれていると思う」と反省。

「刺激を与えているようじゃダメ。引退を決断させるくらいのプレーを見せられれば良かったけど、できなくて残念。」と語ったようである。

いや~、男同士の戦いは続きますよ! おもしろい!!!



-トレンド