伝統の知恵 日記

お正月に食べておきたい「縁起のいい」食べ物! 日本の伝統、知っておきたいその意味は?

「もうい~くつ寝~ると~おーしょーがつ~♪」と数えられるようになった今日この頃。おせちの用意など考える時ですね。おせち料理には定番の食べ物がいくつかあります。なぜ、それを食べるのか? 実は、縁起かつぎや、言霊(ことだま)信仰の中に、昔の人の新年の幸せを祈る思いが込められています。伝統を受け継いでいるとイイことあるかも!です。



 

数の子、子宝に恵まれる!

その名の通り、「子宝に恵まれるように」との願いを込めた食べ物。ニシンの卵巣を塩漬けにしたもので、選ぶコツは身が締まったものを見定めることです。

お歳暮用でなく家庭用に使うのであれば、一本物を頑張って買わなくても「バラ子」で十分です。

 

【楽天市場】

↓↓↓我が家では、この「松前漬けの素」に数の子を漬けます。既製品の松前漬けを購入すると高いし食べきれないからです。これだったら安く上がるし、自分好みの味付けにすることも可能!

 

【楽天市場】

 

黒豆、色が黒くなるまでマメに!

「色が黒くなるまでマメに働く」つまり、しわが寄るまで健康に過ごすと言う語呂合わせ。丹波篠山産の大粒の黒豆が有名です。

↓↓↓大きな粒ですが、さすが、丹波篠山産の2L玉!500gでこのお値段!高い!

 

【楽天市場】

↓↓↓自宅用には北海道産の「いわいくろ」でも十分。1kg入ってこのお値段 レオン亭(クックパッド)さんのレシピでやわらか~く煮ることができます。しかも3~4回分です!

 

【楽天市場】

ちょろぎ、「長老喜」

変な形してますが、しそ科の植物の地下茎。 「長老喜」「千代呂木」と書きます。文字通り、長生きを祈願します。梅酢につけたものを、黒豆に添えます。

↓↓↓昔は人工着色でもっと真っ赤でしたが、今は自然な色ですね。

 

【楽天市場】

 

ごまめ、豊作を願う

カタクチイワシの幼魚を干したもので、「五万米」とも書きます。その字の通り、豊作を願います。尾と頭が欠けずについているものを選んで調理します。「田作り」とも言います。

↓↓↓こちらは、大阪の老舗の調理済みの「ごまめ、田作り」です。

 

【楽天市場】

 

海老、腰が曲がるまで長生き

海老の姿のように、腰が曲がるまで長生きできることを願います。シンプルに、酒塩いりにします。有頭えびならば、よりおめでたい装いとなります。

↓↓↓既成のおせち料理には定番。この場合、腰が曲がっていないことも…

 

【楽天市場】

 

黄柚子やきんかん、太陽を象徴

香りと彩で料理を引き締めてくれる黄柚子やきんかんですが、黄色くて丸い形は太陽を象徴しています。人にも作物にも、丈夫に育ててくれる必要な太陽です。

↓↓↓甘く煮る「きんかん煮」がポピュラーですが、現在ではこの愛らしい「たまたま」ちゃんみたいに、糖度が高く生のまま食せるきんかんもあります。

 

【楽天市場】

 ゆり根、子孫繁栄

食用のユリの球根ですが、姿も花びらが重なったように見えるので、子孫繁栄につながるとされています。あえものや煮物にします。

↓↓↓ゆり根は生産までに3年という時間がかかる、貴重な食材。漢方でも使用されれるもので、利尿や咳止めにも有効と言われています。栄養も豊富(球根は花の生命がギュッとつまったもの)で、タンパク質はジャガイモの2倍と言われ、産後の回復にも良いです。➡おすすめレシピはシンプルな、「簡単、ゆり根の天ぷら(クックパッド)」

 

【楽天市場】

昆布、よろこぶ (○⌒∇⌒○)

昆布巻きや、お雑煮の出汁にもつかれます。「よろこんぶ、よろこぶ」につながる縁起ものです。昆布巻きには細身で早く煮える日高昆布、出汁には利尻昆布などが向きます。

↓↓↓「昆布巻き」には、細身で早く煮える日高昆布!

 

【楽天市場】

↓↓↓「出汁」には、利尻昆布!

 

【楽天市場】

いかがでしたでしょうか。お正月を彩る食材にも、昔の人のさまざまな思いが詰められています。自分の新年に込める思いがあるのなら、既製品を買ってしまうのではなく、その食材を使って手作りをしてみるのも一興ですね。

お正月の機会に久しぶりに揃ったご家族で、その意味を語り合うのもいいですね。それも家族の絆を結ぶための、伝統の知恵なのかもしれません。

お正月の準備は中旬までに! 早い者には新しい年に福が来る!知っておきたいお正月のしきたり

【ちょっと気になる!】初詣の豆知識。

【ニッポン行きたい人応援団】で日本人だから知っておきたい!と思った「浮世絵」について



 

-伝統の知恵, 日記