日産GT-R物語

【2016 NISSAN GT-R物語(4)】愛のスカイライン[2]

2017/05/17

【日産GT-R物語(3)】愛のスカイライン[1]←

出典:wikipedia/初代スカイラインGT-R 2ドアハードトップ

初代+2ドアC10GT-R

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/日産・スカイラインGT-R

愛のスカイライン

ある日、富士山5合目の駐車場で、この初代GT-Rを見かけたのですが、エンジンがかからずセルの空回りの音を私も聞いていました。ウェーバーキャブは神経質で、空気が薄い場所では燃料噴射量を調整しないと始動も出来なくなってしまうのです。当時のキャブレター使用エンジンは、冬場には始動できなくなることは珍しくなく、私も夜寝る前に毛布をエンジンルームに入れて冷えないようにしていましたが、それでも始動できなくなることがあり、機械式の接点とディストリビューター、そして燃料流入量を調整することは自分でやっていました。もちろんスロー調整(アイドリング回転数)やプラグ接点の研磨、間隔調整などは、日常整備として出来なければ、仕事で毎日使用には耐えられないものでした。

写真出典:日産MUSEUM/http://www.nissan.co.jp/MUSEUM/SKYLINE/FOURTH/ 

ケンとメリーのスカイライン

GT-Rには、もちろんクーラーは付けられず、クラッチは強化されて重く、ハンドルもブレーキも重いことから、女性にはとても扱えるものではありませんでした。

外観では、幅広のタイヤを収めるため、レース専用車のようにオーバーフェンダーをボルト締めとしたスタイルの始まりで、その後トヨタ・スプリンタートレノなどにも採用されていきました。

現在やりすぎと思われる、タイヤを太くするスタイルの始まりです。

動画出典YouTube/https://youtu.be/EjJ-KxZ3zVY

このときコマーシャルが「愛のスカイライン」と広く行われて、その次のモデルで「ケンとメリーのスカイライン」となり、現在NHK大河ドラマ「真田丸」(http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/ )で真田昌幸雪を演じる草刈正雄が登場しています。CMソングの「愛と風のように」がヒットしてスカイラインのスポーツセダンの地位を不動のものにしました。現在のBMW、ベンツ、アウディーのスポーツセダンと言われる高性能セダンの日本版と言うべき存在です。・・・つづく

【日産GT-R物語(5)】羊の皮をかぶった狼」[1]→

【NISSAN GT-R物語(15)】GT-R 2017年 口コミ![1]➡
【NISSAN GT-R物語(20)】新型HONDA NSXと何が違うのか?[1]➡
【NISSAN GT-R物語(22)】サスペンション・セッティング[1]➡
【NISSAN GT-R物語(13)】なぜ?4WDが必要なのか[1]➡
【NISSAN GT-R物語(12)】ダウンサイジングターボ➡
【2016 NISSAN GT-R物語(11)】2017年モデル・カラー紹介!➡
【2016 NISSAN GT-R物語(10)】ターボチャージャー➡
【2016 NISSAN GT-R物語(7)】初代スカイラインGT-R[1]➡
【2016 NISSAN GT-R物語(5)】羊の皮をかぶった狼[1]➡
【2016 NISSAN GT-R物語(3)】愛のスカイライン[1]➡

-日産GT-R物語