ゴルフ場評価 静岡県のゴルフ場

【富士エースゴルフ倶楽部】都心から1時間半で人気のゴルフ場!(2)

2016/12/23

←【富士エースゴルフ倶楽部】(1)

富士エースゴルフ倶楽部、知恵の輪サイトの見立て

昔の体質を引きずったコースの良し悪し

コースは狭く短いが、難易度はコースレートで70.0と易しいです。セルフプレーで料金は安く、メンテナンスは良いです。口コミで目立つ問題点は「スロープレー」。もともとは東京相互銀行の接待用コースで淡島ホテルと関係が深いようで、またメンバーは法人が多いです。

これらを見ると、最初は接待用のコースとして作られ、バブル崩壊後、業績を維持するためにパブリック化をすすめ、今ではネットでの集客に依存していると思われます。ゴルファーとしてはある意味歓迎すべき内容があります。経営側としては、パブリック化を進める方向には躊躇があり、都心から離れている立地条件の悪さを抱え、メンバーの関係からも従来の体質を抜け出ることが出来ていないと考えられます。それでもこれまで接待用のゴルフ場から、良くここまで変化させてきたと言えるかもしれません。

massa_sanさん(@massa_san)が投稿した写真 -

■良い点

メンテナンスが良く、高級接待用体質が手ごろな値段で楽しめるコースであること。

外資系ファンドが入ったコースのように、パブリック化をめちゃめちゃに進めて、メンテナンスも悪くブランドが地に落ちてしまうこともなく、接待コースの良さも残っているところが、貴重なことです。

同じように接待ゴルフ場であった、太平洋クラブ御殿場ウエストのように、メンバーシップを保ち、ハイエンドの様相を保てればそれに越したことはなかったのでしょうが、立地が悪く(都心から1時間半)、接待用の特性から都心からの集客を捨てきれない歯がゆさがあるのでしょう。

■悪いところ

メンバーは昔のままの可能性が高いので、接待気分が抜けきらないところが「スロープレー」を生み、コース側が注意できないところに現れているのでしょう。

セルフプレーのようですが、高齢のメンバーには協力を願って、キャディー付の値段を受け入れてもらい、必ずキャディーを付けるなどの処置が必要でしょう。高齢者のメンバーの中には予算に余裕のある人も多いので、ハーフ2時間15分程度に自信がないゴルファーにはキャディー付を義務付けるのです。これらの啓蒙活動には、コツがいります。ストレートに実施すると痛い目にあいますので、事前の予告の仕方に注意してください。知恵のいるところです。

集客の方策を考え直すことで立地条件を自ら変えていく

harakaoさん(@hara_kao)が投稿した写真 -


都心からの集客に頼っていると、高速代金などがネックになってプレーフィーが下がります。商圏を見直し、方策を商圏に合わせて変更して、セルフ・ネット集客・安いプレーフィーなど、現在の客層に合わせていきます。そして近隣からの集客が出来れば、プレーフィーは高速代金を考慮せずに決めていけます。また、高齢化したメンバーに合わせる必要性が減りますので、スロープレー体質を改善していけます。

このコースは「商圏」(立地条件)の変更がポイントで、それには運営方法の正確な見直しが必要です。でも接待ゴルフ場は客商売の基本が出来ていますので、立地条件の悪い名門コースより比較的容易であるはずです。

プレーヤーとしては「穴場」的なメリットのあるコースです。

【富士エースゴルフ倶楽部】都心から1時間半で人気のゴルフ場!(3)➡

-ゴルフ場評価, 静岡県のゴルフ場