トランプ・アメリカ大統領 日記

【トランプ次期アメリカ大統領(1)】政治は八方美人[1]

2016/12/19

写真出典は:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドナルド・トランプ 

世界はトランプ氏が選挙戦の中で公言してきた政策を実行するのか、気にしています。日経平均は昨日1,000円下げ、今朝には1,000円戻しました。

これは就任演説でトランプ氏が、大変温和に団結を訴えたからです。これほど世界に影響力のあるアメリカ大統領を選ぶのですから、アメリカ国民に「しっかりしてくれ」と言いたいですね。新資本主義に関連して世界政府を作る考え方がありますが、このように国民の主権が遠く感じてしまうことになるのでしょう。イギリスのEU離脱も、そんな不満と不安が根底に感じている表れなのではないでしょうか?

隠れトランプの現実

アメリカ大統領選挙が終わってみればクリントン氏が破れ、トランプ次期大統領が決定しました。隠れトランプ支持者がいかに多かったのかを示しています。アメリカ国民が「隠れトランプ」にならなければならなかったことは、アメリカ社会の実情と病根を端的に表しており、1%の人が50%の富を独占する社会の歪みがそうさせているのでしょう。暴言がうける空気は、常識人としては人目をはばかれる状態で、それほどにも、非知識人と見られているトランプ氏です。

1%の人以外は、何らかの不満を持つ国民であると言えるのかもしれません。現在の格差の大きさが、次第に表面に出てきて、現在の社会体制そのものを壊し始める序章でもあるのでしょう。I S、イギリスのEU離脱、フィリピン・ドゥテルテ大統領、極右政党の世界的台頭の流れなどを見ると「隠れトランプ支持」は、これからも増え続けて行くのは、グローバル化に抵抗する流れとして、もう誰にも止められない世界の潮流と言えるのかもしれません。

政治は八方美人

沢山の票を集めるためには、多くの立場の違う人に支持してもらわねばなりません・・・・・つづく

【トランプ次期アメリカ大統領(2)】政治は八方美人[2]➡

【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]
MV-22オスプレイなぜそれほど嫌われるのか?(1)
【トランプ次期アメリカ大統領(4)】日本の安保[1] 
【ドゥテルテ大統領】したたかなのか?人格障害なのか?(1)
【ドゥテルテ大統領来日(1)】フィリピン暴言王の真実は?
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]

 

-トランプ・アメリカ大統領, 日記