ゴルフ場評価 千葉県

【勝浦東急ゴルフコース】都心から1時間半、冬も温暖で人気のゴルフ場!(2)

2016/12/20


←【勝浦東急ゴルフコース】(1)

勝浦東急ゴルフコース、知恵の輪サイトの見立て

予約サイトの口コミ総合評価から見えるもの

総合評価で、GDO4.2、楽天GORA4.2と大変高い評価ですが、カテゴリー別の評価は全てそれよりも低く、これはゴルファーのリゾート気分の高揚が大きく影響していることが推察されます。またゴルフを楽しむ側の基準が違うのが分かります。

個別評価で、GDOの「メンテナンスが良い4.0」となっています。確かに東急リゾートのコースは、そこそこのメンテナンスで統一出来ているようです。グリーンの速さは「かなり遅い」のですが、リゾートではこのくらいが良いのでしょう。

TAKAさん(@kamatakako)が投稿した写真 -

東急リゾートの管理

一言でいえば、「大企業の安定感と、心がないサービス」と言ったところです。私も東急リゾートのコースは何カ所かプレーしていますが、メンテナンス、接客はそこそこですが、西武プリンス系の接客と比較すると「心がない」と感じてきました。それは、西武はこれまでは何といっても創業家の良くも悪くも絶対支配があり、「客商売」との思いが基本にあったからです。東急不動産はすでにサラリーマン経営者で、不動産部門の利権商売の体質であり、「上から目線」が激しいところです。「客を客とも思わない東急グループの姿勢」が基本にありますが、接客の場面ではマニュアル化など全体として大企業の安定感が出ています。

口コミあるように、時折、練習場コインの販売窓口での対応の悪さなどが出ているのは、「役所体質」に似た「心」のない大組織の気分を感じさせます。

kazさん(@612kaz)が投稿した写真 -

太平洋クラブの時

東急は太平洋クラブを買収したことがありますが、その時、メンバーには「業務提携」との知らせが来ており、買収については5年後の民事再生の折に初めて実態を知った会員がほとんどです。これはなんとも道義的「詐欺行為」と言いたくなるやり方で、保証金を預けている会員に対しては「説明する義務」があろうと感じました。非常識であり、不動産屋の本性が見える事態でした。

また買収された直後、太平洋クラブ御殿場コースの雰囲気が大きく変わりました。その前までは何とか自立しようとしていたのでしょう、色々管理方式を変えたりしてきているのが分かったのですが、買収後ばったりと動きが止まった感があり、「東急から役員が来たの?」と思わずキャディーさんに尋ねたのを覚えています。

東急リゾートの営業

東急の経営は、それほど現場に浸透しない大組織ならではの、悪くもなく良くもなくと言ったところです。口コミにあるような現場での管理のバラつきは、営業施設が点在する大組織のそれで、組織運用が「役人的」と言えます。それぞれのコースの特徴などを生かした営業努力は現場では感じません。

東急リゾートの別のコースで後続の組に打ち込まれた時は、謝罪することもなく距離を取って逃げている後ろの組に対して、ラウンドが終わってから呼んでくれるようにキャディーマスター室やフロントに頼んだのですが、「客同士のこと!」と受け付けない姿勢でした。特にフロントは「余計なこと言うな・!」と言った勢いで、こちらが犯人扱いされてしまったのでした。

「前組への打ち込み」はゴルフ場ではあってはならないマナー違反で、ゴルファーの責任でもありますが、コースとしても恥ずかしいことでした。きちんとしたゴルフ場では、キャディマスターだけでなく支配人が出てきて打ち込まれたゴルファーに謝罪するぐらいだったのです。少なくとも、太平洋クラブの支配人は、そのように対処してきています。

自己責任?ゴルファー保険に常に入っていよう・!

「法律上の責任はゴルファーにあり」ますので、東急リゾートの対処としてはそれで済むのでしょうが、マナーのレベルが低いのは、これまではゴルフ場側の責任との認識がありました。また、メンバーシップコースのメンバーであるゴルファーも、コースに入れるビジターの紹介者であり、ビジターの起こした問題は全て紹介者の責任として処理しなければなりませんでした。

現在でも、予約サイトからの客は、全て支配人の紹介のビジターという立場のはずですので、コース側が責任を取るのが原則です。しかし、今となってはその習慣もなく、特にパブリックではコース側の責任とする意識も薄れています。

しかし、特に打ち込みなど危険行為については、条件次第ではコース側の責任も刑事罰まであり得ることですので、コース側が単に突っ張るやり方は「いただけません」。このあたりは、東急リゾートの本性は悪い意味での「不動産屋」との感触です。ちなみに東急リゾート、東急不動産、東急リバブルなどグループ不動産会社の営業は、「問題が起きたら、絶対に責任を負わない」ことを徹底しており、問題の多い姿勢です。

そのためゴルファーも、東急グループのゴルフ場でも「問題が起きたら、ひどく突っ張る」姿勢に転じると見て備える必要があります。ゴルフは危険も伴うゲームですので、ゴルフ場側が日ごろからマナー向上に努め、問題が起きたら、必要のない法的責任は負わないものの、マナー違反に対して厳しい姿勢で臨んでいることが、安心感を持たせます。

評価は高いですが、万が一のことを考えて、ゴルファー保険に常に入っていようと思わせるゴルフ場です。

【勝浦東急ゴルフコース】都心から1時間半、冬も温暖で人気のゴルフ場!(3)➡

 

-ゴルフ場評価, 千葉県