ゴルフ・スイング理論

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(26)】バックスイングであごの下まで肩入れろ??B2タイプには合わない!

2021/01/29

ゴルフレッスンで「肩をあごの下まで入れろ」と聞いたことがある人もいるでしょう。バックスイングの基本とされてきたことです。しかしこれ、必ずしも正しくはないのです。特に、4スタンス理論B2タイプの人にはこだわる必要はないようです。ゴルフスイングの常識とは「いったいなんなんだ!」と言いたくなりますね!!




☚【あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)を解釈する(24)】左リードで右手で打て??

肩をあごの下まで入れろ!

「肩をあごの下まで入れろ!」とは、「肩をしっかり回しなさい」という意味です。

これは4スタンス理論のパラレル(A2・B1)タイプ、特にA2タイプに対するアドバイスなのです。パラレルタイプは回転をイメージしてスイングするので、あごの下にしっかり入るほど肩を回していると良いようです。

でも、クロスタイプ(A1・B2)タイプは体重移動に主眼があります。特に、B2タイプは回転運動よりも、体重移動の運動量が大きく、回転運動をあまり意識しないほうが良いのです。

だから、B2タイプが「あごの下まで肩を入れろ」と意識しすぎると、手を上げるのではなく引きすぎてしまうため、スイングプレーンから外れてしまう恐れが出るのです。

B2タイプの私は、経験上、これは不調に陥る原因で長い間苦労させられました。

 

A2タイプはアドレスするとき、少しだけ前足(進行方向に対して)、つまり右打ちなら左足に体重をかけるようにします。すると「みぞおち」と左ひざが少しだけ近づいてアドレスすることになります。これでA2タイプは動きやすくなるのです。ポイントはAタイプは「みぞおち」と膝に「パワーポイント」があるようで、これを一直線に並べると力が出るようです。

B2タイプは、A2タイプとは逆に「首の付け根、前の部分」を右腰に少しだけ近づけて構えると動きが良くなるようです。これは、B2では首の付け根と右腰にパワーポイントがあるからです。

4スタンス理論ゴルフではこのように推奨するのですが、正直さっぱりわかりません。

でも、左1軸打法が一時期流行ってましたが、これはA2にとっては良い理論であるのでしょう。クロスタイプA1・B2は決して真似してはいけないスイング理論だと思います。

 

バックスイングの意味

これは良く分らないのですが、バックスイング・トップの位置が人それぞれ・・・あ・うんのゴルフ(4スタンス理論)を解釈する(27)】あごの下まで肩を入れろ??

【ゴルフ場評価(各地のゴルフ場を立ち寄りグルメを含めてご紹介)】➡

 



-ゴルフ・スイング理論
-, ,