ゴルフ・ギア

【ゴルフ・ギアとスイング(9)】ヘッドスピードを上げる

加齢とともにヘッドスピードは落ちてくるのですが、筋肉トレーニングをすれば低下は防げると思われてきました。しかし、筋肉トレーニングはそれほど効果はないようです。

40歳まではヘッドスピードを測る装置も販売されていない社会情勢の中で、意識することもなかったのですが、今は計測しながらスイングを考える時代です。

筋力トレーニングでヘッドスピードを上げる

筋力トレーニングをしている人としていない人では、データで見ると殆ど変化はなく、それなら加齢に従ってヘッドスピードが落ちるのはどうしてなのか?と、かえって疑問になります。

これはアンケート調査の結果であり、有効なトレーニングになっているのか?は疑問です。ゴルフのヘッドスピードに関係する筋肉トレーニングを正確に割り出す努力が必要です。

フィッティングの勧め

筋トレが現実にあまり成果を上げていないとすれば、加齢による衰え、若くてもヘッドスピードの遅い人は、まずはスウィングの効率を上げることが考えられます。でも「練習する時間がないよ!」と言われる人は、フィッティングをしてもらうことをお勧めします。

スウィングに合ったシャフト、ヘッドを見つけることで、かなり改善することは確認されています。でもこれは現在のスイングに対してですので、スウィングが進歩したらまたフィッティングをやり直す必要があります。

基本はスウィングの効率を上げること、それに従ってマッチした道具を使うことです。

これは年齢に関係なく繰り返すことで飛ぶようになっていきます。加齢による低下については、やはり全身の筋力の衰え以外には、運動神経の衰えもありますので、効果的な筋トレとスウィングの改造、そして道具の変更でしょう。筋トレだけでは維持できないようです。

やはりゴルフはお金がかかるスポーツですね。

 

-ゴルフ・ギア