トレンド 日記

速報!松山、石川出場の「ゴルフワールドカップ」終了、松山グレートビッグバーサで直ドラ?

2016年11月27日、オーストラリア・メルボルンでの「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」が4日間の戦いを終了(開催コース:キングストンヒースGC  7111ヤード パー72)

松山英樹選手と石川遼選手のペアは、6位タイ、14アンダーでした。 なんと首位と6打差で終了。残念至極…! 前半は3位だったのに…。

前半は、松山選手、石川選手ともに2バーディずつ出したので、4バーディ、ノーボギー。しかし後半は、石川選手が1バーディしか取れなかったところ、松山選手も2バーディのみ。最終ホール、松山選手がバーディをとれるかどうかはホント冷や冷やした! でも、バーディ終了でよかった!!!

首位はデンマークで、なんとー20。2位タイは、アメリカ、フランス、中国で-16。あと、5位スウェーデン、6位タイに日本がイタリアと並んだ。

前半もそうだったが、とにもかくにもバーディパットを何度も外したのが痛い! 後半、各国が猛チャージをかけてきたのに、伸ばしきれなかった!!

松山選手は、12番ホール最長574ヤードのパー5で、ティショットをビッグドライブした後、セカンドでもドライバーを使う「直ドラ」。あのキャロウェイのグレートビッグバーサだったのでしょうか? 惜しくも、グリーンオンはならず。松山、石川両選手ともパーでした。

この大勝負が2オンしてバーディをとれていたら、流れは変わったかもしれない…。

残念な結果でしたが、これからも2人の選手を応援していきましょう! また、興味ある後日談があったら、お知らせします。

 

↓↓↓3日目、石川遼選手のキャディバッグ。ん~、もうちょっとアップが欲しかった。

↓↓↓石川両選手のキャディバッグは特注かもしれませんが、これはキャロウェイのスタッフプレイヤーが持つキャディバッグです。2016年最新モデルで、限定品です。売切れ必至なので、気に入った方はお早めにどうぞ。

 

➡【松山秀樹、注目のドライバー・キャロウェイビッグバーサ】はこちら。

➡【松山英樹と石川遼のドライバー(1)】ツアーAD TP-6X

➡安倍首相が次期大統領トランプ氏に贈ったドライバーは?

-トレンド, 日記