トランプ・アメリカ大統領

【置き去りにされた人々(4)】トランプ現象の真実[4]

2016/12/09

アメリカでトランプ次期大統領が誕生しました。イタリアで現体制批判を行う政党が指示を伸ばしています。オーストリアでもグローバル化に反対する人々が増えています。フランスでは次期大統領は極右政党になるのではと見られています。EUが崩壊の危機に直面するのでしょうか? 中国は共産党一党独裁でありながら、極端な富の格差を生み出しながらグローバル経済を推し進め、世界を制する計画を進めています。日本はグローバル化を進める自民党右派が強力な安倍内閣を組織しています。

☚【置き去りにされた人々(3)】トランプ現象の真実[3]

格差社会は資本主義がもたらす弊害?

村上ファンドのように、とても働いているとは思われない、短期間株式を所有しているだけで、数百億円の利益を得ました。確かに彼らには金融知識があるのでしょうが、ゴルフ場運営の知識はまるでありません。でも簡単に莫大な利益を得てしまいます。これが市場主義・資本主義経済の本質で、「不労の利益」が存在し、金の知識だけで莫大な利益を得ることが出来る社会になっているのです。「接客」の技術も「芝の手入れの技術」も必要なのがゴルフ場運営会社なのですが、彼らは労働基準法も知らないで利益を上げられるのです。「配当」「金利」を稼ぐには、企業運営に必要は全ての知識・技術が必要です。でも投資家なら株式市場の知識だけでも利益を得られるのです。デイトレーダーなどが一番わかりやすいモデルでしょうか?

彼らが、人間が集団で協力して進めなければならない「ゴルフ場運営」から、知識も経験もなく簡単に利益を上げられるのは、異常なことです。投資家でも「働かずに待つだけで」配当や金利を受け取れるのは、「不労の利益」で社会に歪を起こすことが見て取れるはずです。

これが資本主義・市場主義の社会の現実なのです。

資本主義を先導してきた人々は「格差は能力の差」といいました。本当ですか? かなり「運」が作用しているのが分かるでしょうか? とても能力も知識もない上司が皆さんの前にいるはずです。上司は「ゴマスリ」が得意であったり「ずるく責任逃れ」してきたり、など仕事の能力以外で得していませんか?

必ずしも「平等・公平」に人間社会は出来ていません。でも社会体制を揺るがすほど、現在の社会は格差が広がってしまっています。ピケティー氏に言われるまでもなく、さらに広がりつつあります。

グローバル資本主義「金持ちはより金持ちに・・・」

企業の活動がグローバルになってきた背景には、「配当と金利」があるシステムでは、市場で回転しているはずの資金の一部がどうしても「投資家・資産家」に集まり、停滞してしまう・・・・つづく 執筆中

【置き去りにされた人々(5)】トランプ現象の真実[5]➡

【人類史上最強の権力者を決める】アメリカ大統領選挙[1]
【アメリカ国内のクーデター?[1]】選挙結果に従わない?
【隠れトランプ支持者】
【トランプ次期アメリカ大統領(1)】政治は八方美人[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(4)】日本の安保[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]
星占い、ならぬトランプ占い?
トランプ次期大統領と安倍首相、初会談終わる。
安倍首相、トランプ氏との会談が終わってみれば・・・
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(20)】TPP離脱[1]

-トランプ・アメリカ大統領