アコーディア・ゴルフ 日記

【グリッサンドゴルフクラブ】2016年国内3大ツアー対抗戦の舞台であるゴルフ場!

知恵の輪サイト/ゴルフ場評価/

【グリッサンドゴルフクラブ】2016年国内3大ツアー対抗戦の舞台

ゴルフ場評価で「酷評」と言って良いでしょう、予約サイト口コミ評価で散々の評価であり、それが電話応対など接客の部分で「非常識」な態度を見せたコースです。

スリーツアーズ対抗戦の舞台で、テレビ中継で見ていると、大変美しく素晴らしいコンディションを持ったゴルフ場です。12フィートは出ていると考えられるグリーンは、ボールの転がりも良く、コンパクションも固く非常に難しい様子です。

設計も噂にたがっわず、池が大量に配置されて、プロたちも寒く風の強いコンディションで苦戦していました。これほどの設計・メンテナンスの素晴らしいコースでありながら、電話応対などが社会常識を逸脱していると感じるほど悪いのが信じられません。

アコーディア・ゴルフ(AG)の元経営者たちから感じられる「上から目線」が同質のものと感じてきました。それで「下々のコースではコンディションを下げても良い」と考えてきたのでしょうか? ゴルフと言うスポーツを汚す言動を正すのが先決です。

IR法(俗にカジノ法・ギャンブル法)が成立して、マルハンも平和もゴルフにばかり、関わってはいられないでしょう。マルハンが太平洋クラブを買収したのは、「マルハンのブランドイメージを上げたい」との目論見があると聞いています。確かに太平洋クラブ御殿場コースは倒産処理以来、ブランドイメージが下がっているようで「ゴルフダイジェストのランキング」でもかなり下がってしまいました。

しかし、元来ゴルフがブランドで見られること自体を「苦々しく」感じています。もっともっとポピュラーなスポーツであり、AG、PGMが持ち込んだカジュアル化が正解であると感じていました。しかし、その実態は「下々のゴルフとはこんなもので良い」とする「さげすみ」の目線が元であると、AG経営陣と接触したことにより感じるようになりました。マルハンが太平洋クラブを裏工作してまで欲しがったのは、そうしたブランド意識が元であるのも分ってきて残念です。たしかに「太平洋クラブ勝手連」の意識は上から目線でした。ゴルフに関わる人たちの妙な差別ともとれる意識はどこから来るのでしょうか・!

上流階級を自認するのであれば「知性」を持つことを優先すべきです。ボランティア活動さえ「下々に施す」意識でいる人さえ見かけます。それも教会のボランティア活動さえ「ステイタス」と感じている人が多いのです。このモラルの低さ、知性の低さは何事なのか?

【グリッサンドゴルフクラブ】2016年国内3大ツアー対抗戦の舞台であるゴルフ場!(1)➡
【グリッサンドゴルフクラブ】2016年国内3大ツアー対抗戦の舞台であるゴルフ場!(2)➡
【グリッサンドゴルフクラブ】2016年国内3大ツアー対抗戦の舞台であるゴルフ場!(3)➡
【ラヴィスタゴルフリゾート】地中海リゾートの気分が味わえる人気のゴルフ場!(1)➡
【ラヴィスタゴルフリゾート】地中海リゾートの気分が味わえる人気のゴルフ場!(2)➡
【ラヴィスタゴルフリゾート】地中海リゾートの気分が味わえる人気のゴルフ場!(3)➡

 

-アコーディア・ゴルフ, 日記