スバル

【インプレッサ】スバル・グローバル・プラットフォーム(3)

2016/12/18

写真出典:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

ここで改めて新型インプレッサに採用されたスバル・グローバル・プラット・フォーム(SGP)の効果をまとめておきます。このコストダウンの考え方が、どのような産業でも「コストダウンを行いながら品質を上げる」基礎となる考え方です。

☚【インプレッサ】スバル・グローバル・プラットフォーム(2)

サービス業(ゴルフ場など)での応用

宿泊施設として成功している星野リゾートのコストダウンの方法は、やはり第一に作業員の仕事の兼務です。これが20~30%の人件費の削減となっているようです。これを実現するには、作業員が多種の仕事を覚えねばなりません。これを行うと「不平不満の山」となります。「出来ない理由」のオンパレードで、動きが取れなくなる可能性があります。社員が前向きに取り組む「動機付け」が重要になってきます。「クビか、服従か、選べ!」などとした強権を使っての業務命令では、「おもてなし」の気持ちにならないのです。

これが、ゴルフ場で進行を任されるマーシャルがお客様に上から命令するような言動をしてヒンシュクを買う結果となってしまいます。社員自らが「お客様をおもてなしする意識」にならなければ、「バラつき」が起きるのです。

社員の働く動機付けが最も重要で困難です。

社員の前向きの働く動機付けを得るために、人事・給与制度などの客観的基準を社員に示すことは、大変重要です。「仕事で成果を上げれば報酬がある」ことを示して「まじめに仕事に打ち込む」環境を作るのです。上司が業者と癒着している中で、部下は真面目に働くわけがないのです。会社の体質として癒着が蔓延してしまいます。

 

 

【楽天ブックス】

スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)は、真面目に機能を果たす出来であるはずです。それを造る経営者・社員もみな、真面目に仕事しているはずで、不真面目だと三菱自動車のように企業生命を絶ってしまいます。不真面目な企業体質では、良い商品が出来るわけがないのです。

出来の良い商品は、出来の良い社員・経営者・企業体質を現しています。

【インプレッサ・カーオブザイヤー(1)】威力あり!グローバル・プラットフォーム
【新型スバル・インプレッサ試乗記(1)】別次元の挙動[1]➡
【新型スバル・インプレッサ試乗記(7)】別次元の挙動[7]
【新型スバル・インプレッサ試乗記(8)】別次元の挙動[8]

 

 

 

-スバル