日記

【真珠湾攻撃から75年(6)】中国「遼寧」の位置づけ[6]

2017/01/06

1941年12月8日(アメリカ1941年12月7日)日本軍による真珠湾(パールハーバー)奇襲攻撃から太平洋戦争は始まったとされています。それまでの経緯はともかく、アメリカ人にとって屈辱の日として記憶されているのも真実です。「真珠湾攻撃と9.11テロ事件をアメリカは、本土攻撃として同列に見ている」のです。

日本も広島を忘れないようにアメリカも決して「パールハーバー」を忘れないのです。中国、韓国も日本に侵略された歴史を決して忘れはしません。人は被害者となったとき、決して忘れることはありません。

☚【真珠湾攻撃から75年(5)】中国「遼寧」の位置づけ[5]

☚【真珠湾攻撃から75年(1)】中国「遼寧」の位置づけ[1]



遼寧は張子の虎?

フォークランド紛争でイギリス海軍は本格的空母運用を放棄していたため苦戦しています。その一方で原子力潜水艦が同行していて、アルゼンチン軍の巡洋艦を港から出るとすぐ撃沈しています。

イギリス軍はハーミーズ(旗艦)、インヴィンシブルの2隻の空母を持っていましたが、それはVTOL戦闘攻撃機で搭載量が小さく攻撃力として小さいため大きな戦力とはなりませんでした。艦隊防空にも苦労しています。

そのときの空母ぐらいの規模で考えられているので、遼寧は戦力としてアメリカ原子力空母と比較にならないのです。基本がVTOL機運用が基本のためカタパルトがないとされています。これでは爆撃機の運用は極めて難しく戦力として計算できないでしょう。遼寧は実験艦・練習艦と認識すべきですが、2隻目、3隻目を建造しており、東京オリンピックごろには実践可能な空母機動部隊を整備してくることになりそうです。そのとき尖閣諸島防衛を真剣に考えなくてはならない状態に、戦略核も南シナ海で運用し始めるかもしれません。「アスリートファースト」などと言っていられる状況とは思えないのですが・・・執筆中

【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(20)】TPP離脱[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(4)】日本の安保[1]
【アメリカ国内のクーデター?[1]】選挙結果に従わない?
【人類史上最強の権力者を決める】アメリカ大統領選挙[1]

 

-日記