日記

【いま世界は・?】ポピュリズムと反グローバリズム[1]

2017/01/06

YOMIURI ONLINE 社説
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161231-OYT1T50138.html

「反グローバリズムの拡大を防げ」 2016年1月1日

読売新聞のこの社説で「反グローバリズム」排撃の必要性を説いているのですが、「ポピュリズム」と「反グローバリズム」を混乱して捉えている節があります。「世界秩序が破壊される」恐ろしさを感じているのでしょう。

本来「ポピュリズム」と「反グローバリズム」を分けて捉えないと問題の本質を逃してしまいます。



多くの人に支持される「反グローバリズム」

グローバル化が進むと何が良くなるのか? 経済成長が促されると漠然とした期待感があるのですが、残念ながらグローバル経済の恩恵を受けるのはグローバル企業であり、グローバル資本だけです。むしろ極端な格差が生じ、小国を牛耳るグローバル企業が多く出現しています。

63人の所有する資産が、人類の下位約半数の人が所有する資産に匹敵するほど、格差は広がっています。ピケティ理論が一昨年話題になりましたが、彼の研究が真実であるとするなら、これまでの資本主義を肯定する経済学は全て嘘であったことになります。ピケティー氏が示したのは単に過去のデータですので、資本主義をこれ以上推し進めて経済拡大を行っていくと、格差が広がり「不平等の世界」が拡大していくことになります。これまでの経済学の矛盾を暴く必要があるようですね。

↓↓↓ピケティ理論は、アマゾンでもまだまだ人気です。経済学入門カテゴリーの1位。この本もわかりやすいですが、マンガでわかる本もあります。

グローバル経済の実態

グローバル企業に出資している者だけが富を得て、国民の大多数、それも、ほとんど全員が資産を増大することはないのです。その代わりに、移民問題やテロの危険を引き受け、失業の恐怖と向き合っていかねばなりません。ほとんどすべての人々が「一握りのトランプ氏のような支配階層のために、ただ働きをしている状況になっているのです。

残念ながら、これがグローバル経済の実態ですが、政府を現在牛耳る、経済界、政治家、官僚組織などが、この現実を無視して「核なき世界」などの理想郷を示しても、失業者の生活を改善できないのでは、人々は不信感を抱き、現体制を維持していくことが難しくなってきているのです。

主権の喪失

EUからの離脱を決めた英国民の姿からも、自分たちの政府に対して選挙権を行使しても、EUの統治機構を動かすことはできない苛立ちを感じます。「誰が主権者なのか?」と・・・・

【いま世界は・?】ポピュリジムと反グローバリズム[2]

【グローバル発注と系列】カルロス日産と章男トヨタの戦い[1]

【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(20)】TPP離脱[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(4)】日本の安保[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(1)】政治は八方美人[1]
【アメリカ国内のクーデター?[1]】選挙結果に従わない?
【人類史上最強の権力者を決める】アメリカ大統領選挙[1
【真珠湾攻撃から75年(1)】中国「遼寧」の位置づけ[1]
MV-22オスプレイなぜそれほど嫌われるのか?(1)
MBKパートナーズとアコーディア・ゴルフのコラボ(1)
【プーチン氏はアスペルガー症候群(1)】米国防総省が研究報告
【アコーディア・ゴルフのMBKパートナーズによる買収・実践編(1)】
【アコーディア・ゴルフのMBKパートナーズによる買収について(1)】
【アコーディア・ゴルフ所有と運営の分離(1)】星野リゾートとAG[1]
【豊洲問題から学ぶ(21)】処分しても終わらない[1]

 

 

-日記