ゴルフ場評価 静岡県のゴルフ場

【川奈ホテルゴルフコース 大島C】冬は暖かくて眺めも良く、名門富士コースより気軽なゴルフ場!(2)

←【川奈ホテルゴルフコース 大島C】(1)



川奈ホテルゴルフコース 大島C、知恵の輪サイトの見立て

川奈ホテルゴルフコースは名門中の名門です。このように伝統あるコースの建物では、多少の不便があるものですが、それは論外とすべきです。その伝統が「名門」と言わせるのであり、現代の豪華さを求めるのは的外れでしょう。


民事再生を行ったときには、外資系に買収されるのではないかと心配したのですが、さすがにプリンス系でほっとしたものです。太平洋クラブの場合は、やはり名門ではなかったことが分ってしまいます。

大島コースは短く狭くトリッキーでお遊びの感がしますが、メンテナンスが良いようで、特にボールマークなどがなくゴルファーのマナーが良いようです。これはうらやましい限りで、そのコツを聞いてみたいものですが、まずゴルファーの心構えを変えるほどの伝統があるのでしょう。予約する時点から、マナーの悪いゴルファーを近寄らせない感があります。

そして口コミにあったように、「宅急便で送ったバックから靴が取り出されてロッカーに入っていた」など、先手を打たれると、気持ちが引き締まるのでしょう。それでもマナーが悪いゴルファーは断ってよいのです。

コース側のモラルが高ければ、最後は断る覚悟でも良いのです。

コーライグリーンの象徴的存在ですが、ベントになれたゴルファーには苦戦が強いられます。昔、コーライグリーンの多かった時代では「芝目」を読むことが技術でしたが、現在では一般ゴルファーには歓迎されないようです。

倉本PGA会長も富士コースを指してはいますが、間違いなく名門と呼んでします。石岡ゴルフ倶楽部をアコーディア・ゴルフはトロフィアに改装して「名門」としたいようですが、それはゴルファーが決めることで、年月がかかるものです。習志野カントリーキングコースは、返す返すも残念なことをしました。早く名門に返り咲いてほしいものです。

アコーディア・ゴルフの経営者の皆さん、「名門」とは一般ゴルファーが決めるものです。これほどアコーディア・ゴルフ全体の評判を落としてしまっては、元に戻すのはAG自身がモラルの高さを作り上げなければならないことを知るべきでしょう。

近くであれば利用したいところですが、富士コースでないと、わざわざ出かけるほどではないようです。

冬でも暖かい土地柄です、若い皆さんは建物だけでも名門を感じてみてください。

【川奈ホテルゴルフコース 大島C】冬は暖かくて眺めも良く、名門富士コースより気軽なゴルフ場!(3)➡

-ゴルフ場評価, 静岡県のゴルフ場