トランプ・アメリカ大統領

【トランプ大統領の就任演説(2)】注目・?ジャイアン型

まもなくトランプアメリカ大統領が誕生します。その就任演説に注目している人が多いようです。

そこで、また「三河の予言」めいたことを書いておきます。

☚【トランプ大統領の就任演説(1)】注目・?「勝ちたかった」

症状のバリエーション

アスペルガー症候群であっても必ずしも「自己愛性人格障害、それもジャイアン型」と呼ばれるトランプ氏のような攻撃的な症状となるとは限らず「のび太型」と言われる「いじめられっ子」になる人もいます。また「演技性人格障害」となることもあるなど、さまざまになります。それは「性格」「キャラクター」と言われる程度の個性は誰にでもあるのであり、どこまでが「人格障害」と言われるのかも定かではありません。


ある研究によれば、「全人口の1%程度」が「アスペルガー症候群」と見ていたり、「東大生の4人に1人はアスペルガー症候群」とする研究もあります。それはアスペルガー症候群の人にとって「マニアック」な範疇に受験勉強も入ると思われるからです。「医者」、それも「精神科医」の中にアスペルガー症候群が多いとも言われており、それは子供のころから「なんか変」と言われて精神科に興味を持つと、マニアックな才能がフィットして専門家になれるのでしょう。

「さんま」の司会で人気テレビ番組「ほんまでっか」のコメンテイター務める澤口俊之氏の「HQ論人間性の脳科学」はとても素人には読み切れないほど整った内容です。でもテレビでのコメントの仕方は「相手の立場が分からない」そのもので、「さんま」にからかわれては「うなだれて」います。自分でも自覚が当然あるのでしょうが、うまくしゃべれないのです。「人間とは何か?」と疑問に思ってその天才的才能が花開いているのです。でも他人を認識することはできない様子が、テレビ画面から伝わってきます。

弁護士、医者、研究者など社会的に影響力のある人たちに多いことは、初めから人間社会ではバランスが取れない人々が指導者にもなってきた歴史があることを示しています。

信長でなく信玄だ

トランプ氏の戦略をまとめる中心人物が、日本人記者に向かって「トランプ氏は、信長でなく信玄です」と答えています。よく研究している人のようで、日本人で歴史上の人物としては信長はアスペルガー症候群であると・・・・

【トランプ大統領の就任演説(3)】「信長でなく信玄だ」➡

【天才・トランプ次期アメリカ大統領(1)】グローバル化に歯止め?
【トランプ次期アメリカ大統領は縦思考(1)】アコーディア・ゴルフと類似性
【トランプ次期大統領・利益相反問題(1)】
【トランプ次期大統領就任式まで僅か(1)】「反知性主義」知性のもたらしたもの
【トランプ次期大統領・記者会見】自己愛性人格障害?
【トランプ氏メリル・ストリープさんの非難に対して反撃(1)】
【メリル・ストリープさんゴールデングローブ賞、受賞(1)】トランプ氏の行為を批判
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]

 

-トランプ・アメリカ大統領