トランプ・アメリカ大統領

【トランプ新アメリカ大統領の就任演説(5)】実行がもたらすもの

2017/01/29

東洋経済 ONLINE http://toyokeizai.net/articles/-/154827?page=5
過激?慎重?これがトランプ就任演説全文だ
新大統領が説く「アメリカの再建」とは?

☚【トランプ新アメリカ大統領の就任演説(4)】実行がもたらすもの

☚【トランプ新アメリカ大統領の就任演説(1)】実行がもたらすもの

トランプ支持者が戦うべきはトランプ氏自身

本当のところはトランプ新アメリカ大統領や、その閣僚たちのように、社会の成功者の取り過ぎが問題なのです。つまりトランプ新アメリカ大統領とその取り巻きが、格差を作り出している張本人で、支持してきた人々の本当に戦うべき人物は、トランプ新アメリカ大統領自身なのです。

トランプ新アメリカ大統領は、その矛先を海外に向けていますが、短期的に成功したように見えても、すぐに破たんが来ると見るほうが良いのでしょう。問題のすり替えです。これはヒトラーの手法と一致しており、実際の原因とは違っています。

大富豪が出来ること自体が、不公平な配分なのです。それほど社会に貢献する人間の能力に、差はないのです。


そういえば3Gと言われるトランプ政権の閣僚達のなかにゴールドマン・サックスの元幹部が3名入っていて、商務を担当するようです。まるで皮肉のようになっていますね。これで配分の公平性が作り出せるのでしょうか?

単純で稚拙な認識で何が起きるのでしょうか?

フォードやGMなどと、企業減税とアメリカ国内での生産による雇用拡大を取引しているようですが、当面それで雇用を確保していると実績をしめし、財政赤字をどのようにして埋めるかが問題となります。いずれ景気拡大と増税で埋めるしかなく、金融差益で埋めることが出来るものなのかがトランプ新アメリカ大統領と閣僚達の手腕なのでしょう。

中国との貿易赤字が問題となっているようですが、その中身は「アメリカ企業が中国生産した製品を逆輸入している部分」が多くあり、アメリカ企業の利益の源泉でもあります。「世界の工場」と言われた中国経済の実態を理解できていないのかもしれません。このようなトランプ新アメリカ大統領の「浅知恵」を補佐官たちが埋めることが出来るのか?

格差が解消されないのであれば失敗です。いずれ瓦解します。これからトランプ新アメリカ大統領が修正しながら長期に渡って成功できるようになれば良いのです。しかし、メカニズムの認識が違いすぎます。

このまま「勝ちたい」との欲求を自身の中で制御できないと、軍拡に始まり戦争に至ります。それは人類は「ヒトラー」で学んでEUが出来たはずでした。6,000万人の犠牲の上に成り立っている人類の試みをトランプ新アメリカ大統領が理解できているとは、とても思えません。この単純で稚拙な認識が彼の原動力となっているのです。

悲劇が起きないことを祈ります。トランプ新アメリカ大統領が、本当に世界の専門家でも思い至らない天才であることを祈ります

【トランプ・アメリカ大統領・新政権】正義・秩序・利益[1]

【トランプ大統領の就任演説(1)】注目・?「勝ちたかった」
【天才・トランプ次期アメリカ大統領(1)】グローバル化に歯止め?
【トランプ次期アメリカ大統領は縦思考(1)】アコーディア・ゴルフと類似性
【トランプ次期大統領・利益相反問題(1)】
【トランプ次期大統領就任式まで僅か(1)】「反知性主義」知性のもたらしたもの
【トランプ次期大統領・記者会見】自己愛性人格障害?
【トランプ氏メリル・ストリープさんの非難に対して反撃(1)】
【メリル・ストリープさんゴールデングローブ賞、受賞(1)】トランプ氏の行為を批判
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]

 

-トランプ・アメリカ大統領