トランプ・アメリカ大統領

【トランプ大統領・司法にかみつく(2)】裁判官を非難

AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3116691
トランプ大統領、入国禁止差し止めた判事に暴言・司法の独立に暗雲
2017年02月05日 09:21
❝トランプ大統領は「この、いわゆる判事の意見は本質的にわが国から法執行というものを奪うもので、ばかげており、覆されるだろう!」とツイッターに投稿した。❞

どうやらアメリカの現職大統領が「三権分立」の民主主義制度を理解していないようです。民主主義国家の根幹を認識していないことは極めて危険であり、アメリカ国民のトランプ大統領の支持者は責任を持ってトランプ大統領を教育すべき時が来ています。


どうやらアメリカの現職大統領が「三権分立」の民主主義制度を理解していないようです。民主主義国家の根幹を認識していないことは極めて危険であり、アメリカ国民のトランプ大統領の支持者は責任を持ってトランプ大統領を教育すべき時が来ています。

➡【トランプ大統領・司法にかみつく(1)】裁判官を非難

現代社会の問題提起「格差拡大」

「知性に対する反発」がトランプ大統領の支持者にはあることが良く見えます。知性あるオバマ大統領がもたらしたものが「巨大な格差」です。これは根本的な「人権侵害」とも言えるもので、「資本主義システム」そのものが抱える「反民主主義」的要素と言えます。

「現状の社会制度に従っていても自分たちは報われない。だから現制度を破壊するトランプ大統領を支持するのだ」と無意識に考えているのです。「金融制度」を根本的に替えて「格差」を是正しないと社会が壊れるということです。



ファンドの動きを規制する方向に動かないと格差が拡大するのは「ピケティー理論」では言われています。しかし、多くの金融関係者はそれを受け入れていないのです。ゴールドマン・サックスの関係者がトランプ政権の重要な立場を絞めています。トランプ大統領は社会制度の認識がなく、金融の動きを自由にしてしまおうとしています。ますます格差拡大に社会は動き、トランプ大統領支持者は、利用され見捨てられ追い詰められることにならねば良いのですが。

しかし、文明の歴史は、このような場面では必ず革命に動き出すもので、そのとき多くの血が流されることが必定でした。今度は人類史上最強の軍事力を持つアメリカ大統領です。

この事実は「現代社会の問題を見せつける事件」と見ることが出来ます。つまり「格差拡大」を何とかしなければならないのです。

トランプ大統領が起こしている問題は、現在の資本主義経済の問題点を提起していると言えます。

➡【トランプ大統領・金融規制緩和に動く(1)】トランプ政権の本性・格差拡大の方向
➡【マティス国防長官・稲田防衛大臣が会談(1)】「尖閣は守る」
➡【トランプ大統領の主席戦略官・スティーブ・バノン(1)】
【トランプ大統領 入国制限・入国拒否(1)】アスペルガー症候群の自己愛性人格障害?
【トランプアメリカ大統領の政策を支持】アメリカ国民にとっての正義[1]
【トランプ・アメリカ大統領・新政権】正義・秩序・利益[1]
【天才・トランプ次期アメリカ大統領(1)】グローバル化に歯止め?
【トランプ次期大統領・利益相反問題(1)】
【トランプ次期大統領就任式まで僅か(1)】「反知性主義」知性のもたらしたもの
【トランプ次期大統領・記者会見】自己愛性人格障害?
【トランプ氏メリル・ストリープさんの非難に対して反撃(1)】
【メリル・ストリープさんゴールデングローブ賞、受賞(1)】トランプ氏の行為を批判
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]

 

-トランプ・アメリカ大統領